"

小さな掌に大きな夢を

小学校受験勉強は就学前までに必要な力を身につけるのに最適! 親子でいろんな経験をしよう!

同級生にお腹を殴られた??それっていじめ?

無事に夏休みの宿題も終わり、息子も久しぶりにお友達に会えると、表面上は楽しみにしているように見えた新学期。

それとは裏腹に、夏休み最終日に喉からヒューヒュー聞こえてくる。喘息です。真夏の暑さから、冷房が必要ない日も増えてきたこの頃。季節の変わり目は、やはり喘息が出やすい。でも、少し気になることがあったので、息子に聞いてみた。

「学校に行くの嫌?」

「別に嫌じゃないよ」

「誰かに嫌なことを言われたり、嫌なことをされたりしていない?」

「ないよ」

あまりにもあっさり答えたので、学校でのトラブルによる精神面からの喘息ではなさそう・・・・かな?と判断した。

翌日の始業式は元気に学校に行ったので、「やっぱり季節の変わり目で喘息が出やすかったんだ」と安心した。

始業式の次の日は、さっそく6限授業だったが、問題なく帰ってきた。いや、少し元気がなかったように思う。夏休み明けで疲れているのだろうと思っていた。

f:id:harukunmama:20160905150218p:plain

そして、土日はゆっくり休んで、日曜日の夜。

夏休みの最終日と同じように、喘息が・・・。薬を飲んで寝ると、咳は出ていたものの眠れている様子だった。

でも、朝、いつものように起こすと・・・。

「しんどい・・・学校行けない」

と喘息は出ていなさそう。それでも、無理だと言い張る。

「学校まで車で送ってあげようか?」

と言っても、

「学校に行ってる間にしんどくなったら嫌」

と、少し咳が出ているので体調が悪いのもあるのだろうけど、それ以上に何かがあるような気がした。

 「ヒロ、学校で何か言われたり、何かされたりしてるの?」

どうも、夏休みの最終日といい、今回といい、休み明けで学校に行くのが嫌なのかもしれないと感じたので聞いてみた。でも、「うん」とも「ううん」とも首を縦に振るとも、横に振るわけでもなく、斜め下を向いて黙っている。何もなければ、「何にもない」と言えばいいのに、言わない。やはり何かあるのか・・・。

ちょっとしつこかったかもしれないが、

「お母さんは、ヒロの味方だから、言ってごらん。叱ったりしないから」

と言うと、涙を浮かべ始めた。それでも、何も答えない。絶対に何かを隠していると感じた。

数分後、

「〇〇君が僕が何もしていないのに殴ってくる」

と何かが切れたように涙をポロポロ流しながら話してくれた。

どうやら、通学時の電車の中で、〇〇君が息子の腹部を殴ってくるらしい。他にも同じ学年の子や低学年の子にもやっていたことがあるらしいが、今のターゲットは息子のようだ。

「『やめて』って言った?」

「言ったよ。でも『やめて』って言っても『それは無理』って言われるだけやもん」

と、冗談でやっている様子ではない感じ。

頑として制服に着替えようとしなかったので、学校は休ませることになった。とりあえず欠席の連絡の時に、担任の先生に軽く事情を話し、放課後、息子と電話で話をしてくれるそうだ。

今は、先生からの連絡待ち。