ブログタイトル

積み木遊びは知育に良いの?遊んでくれない時の対処法【小学校受験】

https://cdn.user.blog.st-hatena.com/default_entry_og_image/113890265/1514213475336948

小学校受験の問題でよく見かけるのが、積み木の問題です。 この積み木の問題は、空間認識の力が必要となってきます。この空間認識って、大人になっても、生活の中で必要となる場面があります。
車の運転なんかがそうですよね。

 お医者さんがレントゲンやCT画像を診るのも空間認識の力が必要だそうです。ここはどこの臓器で、この後ろにはどの臓器があり、どの血管があるかがわからなかったら診断できなくなってしまいますね。診察できるできない以前に医師国家試験に合格できるとは思いませんが。

 

 積み木の問題(年中10月)

お手本と同じ形になるように積み木を積みましょう(各問題制限時間60秒)

 

f:id:harukunmama:20160614133542p:plain

f:id:harukunmama:20160614133643p:plain

 

f:id:harukunmama:20160614133711p:plain

 

いかがでしょうか?

大人だったら簡単にできると思います。

 

でも、年中(5歳)のお子さんだったらどうでしょう。

小学校受験の準備をし始めているお子さんなら、簡単にできるかもしれませんね。

小学校受験の準備をし始めて半年の息子の場合。

 

f:id:harukunmama:20160614134017p:plain

上の図の赤の部分だけ積むことができました。

でも、真ん中の列の一番奥に積み木がないことに気付いて、迷ってしまい、結局積むことができませんでした。

 

 どうやって空間認識能力を伸ばすか?

子どもの空間認識能力を伸ばすには、生活や遊びの中で伸ばしていくのがいいですよね。

一番手っ取り早いのは、積み木やブロックで遊ぶこと。積み木やブロックで立体的なものを作るといいです。
積み木やブロックって、放っておいても上手に作る子もいるんですよね。でも、上手にいかないことの方が多いと思います。
その場合は、お父さんやお母さんが見本を見せてあげる必要がありますよね。ぜひ、お子さんと一緒に遊びましょう!!

ここ手伝って~

こんな風に作ろうか

なんてコミュニケーションを取りながら遊ぶといいですね。積み木やブロックは、たくさんあれば立体的なものも作りやすくなります。
でも、「積み木を何セットも買うのもな・・・」って思いませんか?
「子どものためなら何セットも買います!」という方ならいいのですが、私のような庶民は、どうしてもお財布を見てしまいます。
我が家では、小さめのお菓子の箱を集めて、積み木代わりにしたりしていました。
小学校受験の積み木の問題に対応するなら図形キューブつみきが子どもの手にも収まる大きさので良いと思います。

お悩み:子どもが積み木に興味を持たない

小学校受験をしないのであれば、積み木遊びが嫌いでも無理強いしなくても良いと思います。積み木以外の遊びでも、同じような力を養うこともできるので。
でも、小学校受験の場合は、受験する小学校で出題されるかどうかは別として、必ず通らないといけない道ではないでしょうか。積み木を見本通りに積んで見たり、絵に描かれている積み木の数を数えたり、様々な問題が出題されます。
ですから、小学校受験をする場合は、積み木に馴れておかないといけないですよね。積み木で遊ばなくても、問題は解けるなら良いですが、積み木で遊ぶのも嫌いだし、問題も解けないしとなったら、改善しないといけませんよね。
解決法は、やはりお父さんやお母さんが一緒に遊んであげることだと思います。しかも楽しそうに。ここがポイントです。
お父さんやお母さんが、

積み木で遊ぶのって何が楽しいのかわからない

と思っていると、子どもは親が楽しんでいないのを見抜きます。そうすると、子どもは積み木で遊ばなくなります。
そして、小学校受験でありがちな

積み木をさせないと!!

と焦る気持ちも子どもは見抜きます。子どもに限らず、「やらされる」のは嫌ですよね。子どもが自然に「やりたい!」と思えるように導いてあげることが大切です。

こんな積み木遊びを親子でしてみては?
積み木遊びが楽しいと思えないお子さんやどうやって遊んだらいいかわからない時は、親子でゲームをしてはいかがでしょうか?
・どちらが積み木を早く(たくさん)積み上げることができるか?
・積み木の数あてゲーム
お父さんやお母さんが一方的に子どもにやらせるのではなく、親子で一緒に遊ぶことが大切です。

f:id:harukunmama:20191018122842p:plain

これは何個の積み木でできてる?

小学校受験のお勉強と同じようですが、お母さんが問題を出したら、次は子どもに問題を作ってもらってお母さんが答える。

お母さんより難しい問題を作ってやるぞ!!

と必死になって考え、手を動かすようになれば、こっちのもの。
1辺が2cm立方体を8個使うと1辺が4cm立方体になりますよね。2cmとか4cmはわからなくてもいいですが、「こんな形をこんな風に積んだらこんな形になる」という感覚的なものを身につけてあげることができればいいですよね。それぞれの名称は、小学校の算数で教えてくれるので、心配はしなくてもいいです。
是非、親子で楽しんで小学校受験のお勉強をしてみてください。

おすすめグッズ

空間認識や立体図形の仕組みを身に付けるなら、ジオマグがおすすめです。息子も幼稚園に通っている頃から夢中で遊んでいました。