ブログタイトル

小学校受験の勉強は、中学校受験にも役に立つ?【空間認識能力を伸ばそう】

https://cdn.user.blog.st-hatena.com/default_entry_og_image/113890265/1514213475336948

小学校受験では、積み木を使った問題がよく出題されます。ペーパーでは、「積み木の数を数えなさい」、口頭試問だったら、先生の目の前でお手本通りに積み木を積んだり。

 

 積み木の問題1 

積み木の数を数えて同じ数だけ〇を書きましょう。

f:id:harukunmama:20160407140656p:plain

 

この問題なら、解けるけど、問題2だと解けないということもあるのではないでしょうか。

 

積み木の問題2

 

f:id:harukunmama:20160407140713p:plain

 

奥行もあり、見えない部分もあり苦手なお子さんにとっては難しいですよね。

数える方法は、いろいろとあると思いますが、息子がやっていた方法を紹介します。

 積み木の問題を解くポイント

まずは、ペーパーで解く前に具体物を使って同じように積み上げます。 

 この積み木は、本当にお世話になりました。

子どもが持ちやすい大きさで4種類の色も付いています。

様々な問題でお世話になりました。

具体物を用いて積み上げることができたら、ペーパーの問題を解いてみましょう。

 

 f:id:harukunmama:20160407140944p:plain

赤い線のように一番上の積み木に積み上げられている数だけ数えながらチェックします。おうちなら、 「1、2、3」と声に出しながら数えます。

 

f:id:harukunmama:20160407141028p:plain

次からも、積み上げられている数だけチェックします。

「4,5」とこちらも声を出しながら数えます。

 

 

f:id:harukunmama:20160407141108p:plain

最後に、1段しかない積み木を数えます。

「6,7,8」と数えて、答えが出ます。

 

積み木の問題3

f:id:harukunmama:20160407140728p:plain

 

先ほどの方法だと、結構簡単に数えることができませんか?

 

おすすめの教材

セットだとこんな感じ↓↓↓