ブログタイトル

小学校受験の図形の問題が苦手な時は手作りパズルを作ってみる

https://cdn.user.blog.st-hatena.com/default_entry_og_image/113890265/1514213475336948

小学校受験の問題の中でも、いろんな角度から出題されるパズルの問題。これが結構難しいんです。以下は、息子が年中の9月に受けた実力テストの問題の類題です。是非、チャレンジしてみてくださいね。(類題なので平均点などは参考程度にしてください)

年中9月実力テスト~お話の記憶~

年中9月実力テスト~数~

年中9月実力テスト~言葉~

 問題 ( )内は制限時間

左の形をつくるのには右のどの形を合わせるとよいですか。選んで〇をつけましょう。(80秒)

f:id:harukunmama:20160721134814p:plain

配点 2点×4

息子の点数と平均点

息子の点数は、なんと満点でした!平均点は、2.7点。できない子が多かったみたいですね。この問題、切り取って実際のパズルのように合わせるなら、きっと解けると思うんですよね。でも、ペーパーになると一気に難しくなりますよね。小学校受験の教室に通わせている親御さんなら、「具体物を使ってください」と耳にタコができるぐらい先生に言われていることでしょう。でも、本当に大切なんですよね。ペーパーでパズルの問題が解けないのは、具体物の練習ができていないのが最大の理由だと教えてもらいました。是非、具体物を使って練習してみましょう! 

 こういった市販の教材を使うのもいいですよね。でも、思ったような図形やピースがないこともありますよね。そういう時は、手作りです!!テキストをコピーして切り取って実際に手を動かして解いてみるんです。

手作りパズルの作り方

 テキストをコピー

コンビニにコピーしに行くのは面倒だったので、プリンター を購入しました。おすすめはA3サイズがコピーできるプリンターです。小学校に入学してからも、問題集や宿題プリントをコピーして、忘れた頃にもう一度解くといいですよ。
テキストをコピーしたパズルだと、繰り返し使っているとボロボロになっちゃうので、もうちょっと丈夫な素材にしたい方は、こちらがおすすめ。

 

ホワイトボードタイプのマグネットです。ハサミで簡単に切ることもできるのでおススメです。

マグネットを切る

こんな感じで作ります。(形がいびつですが気にしないでください)

f:id:harukunmama:20160726151046j:plain

f:id:harukunmama:20160726151632j:plain

この答えは↓↓↓です。

f:id:harukunmama:20160726151733j:plain

これでたくさんのパズルを手作りできます。

小学校受験に役立つプリンター

小学校受験の準備の中で通っていた教室の先生に、繰り返し問題を解くと良いと言われました。どう教えても理解できなかった問題があるとします。そのような問題は、「今は理解できる時期ではない」と諦めて、1ヶ月後に解かしてみるんです。そうすると、前回全く理解できなかったのが嘘みたいに解くことができることがあります。子どもの発達が追い付いてきたから解けるようになったのです。
もし、テキストに直接書き込んでいたら、2回目は解くことができなくなってしまいます。息子が通っていた教室では、ペーパーの問題は自宅でも同じ問題を繰り返し解くことができるように自宅用に1部配ってくれました。この自宅用の問題をコピーして繰り返し解くのです。
市販の問題集も同じです。直接書き込まずコピーして使います。問題集を1冊コピーするので、コンビニでコピーしていたら結構迷惑ですよね。それに、何度もコンビニに足を運ぶのは億劫だったので、先ほども書いたようにA3サイズをコピーできるプリンターを購入しました。なぜ、A3かと言いますと、小学校受験のテキストはB4やA3が多いんです。私が購入したのはかれこれ8年程前になるので、さすがに同じ機種はありませんので、下を紹介させていただきます。

小学校受験の時だけでなく、小学校入学してからも大活躍するので、買っておいて損はないと思います。