"

小さな掌に大きな夢を

小学校受験勉強は就学前までに必要な力を身につけるのに最適! 親子でいろんな経験をしよう!

この図形を逆さにするとどうなりますか?【小学校受験・回転図形】

息子が通っていた小学校受験の塾では、2ヶ月に1回くらいのペースで実力テストがありました。これで、何ができていて、何ができていないのかをチェックします。順位も気になるところですが、年中さんなら順位は参考程度で良いかと。それよりできないところを確認しましょう。年長さんは、志望校別の模試なんかもあると思いますので利用してみるのも良いと思います。

では、今回は、息子が年中の7月に受けた実力テストの問題を紹介します。(全く同じではありませんが、だいたいよく似た問題にしているので、参考にしてくださいね)

 これまでの問題はこちら。

年中7月実力テスト~お話の記憶~

年中7月実力テスト~数の比較~ 

年中7月実力テスト~言語~ 

今回は回転図形の問題です。

  問題文(  )内は制限時間

左の形を矢印の方向に逆さまにするとどうなるでしょう。

右側から見つけて〇をつけましょう(100秒)

f:id:harukunmama:20160706142325p:plain

 解き方

回転図形って、苦手なお子さんも多いのではないでしょうか。わからない場合は、ペーパーの問題を解く前に、問題を切り取って、実際に逆さにしてみましょう!!

ここからはペーパーで解く場合の解き方です。「そんなのわかってるわよ」って方はスルーしてください。

 問題1では、注目するのは、赤〇の部分。f:id:harukunmama:20160708142903p:plain

f:id:harukunmama:20160708142924p:plain

旗の色に注目する。

棒の上の〇の部分に近い方が黒、遠い方が白なので

f:id:harukunmama:20160708143304p:plain

一番左の選択肢が消えます。

一気に逆さにするのが難しいなら、1回まわしましょう。

f:id:harukunmama:20160708144107p:plain

左から3番目の選択肢を消すことができます。

f:id:harukunmama:20160708144308p:plain

そして、もう1回まわします。そうすると一番右の選択肢がおかしいということに気付くでしょう。

 

上から2番目の問題は、図形の位置関係に注目します。回転してもこの位置関係は変わることはありません。

f:id:harukunmama:20160708144516p:plain

一気に選択肢が2つ減りました。

f:id:harukunmama:20160708144633p:plain

次は、〇印に注目!

f:id:harukunmama:20160708144827p:plain

回転させると〇印がどの位置に来るかをチェック!

逆さにしたら、〇印は左下に来ます。

 

 3問目は、まず注目するのは傘の部分。この傘は左右対称なのでわかりやすいですね。

逆さなので素直に逆さ向いているのを選んでね。

f:id:harukunmama:20160708145221p:plain

f:id:harukunmama:20160708145421p:plain

ここでやっかいなのが、柄の持ち手の部分。

f:id:harukunmama:20160708145633p:plain

1回転させてみる。

f:id:harukunmama:20160708145653p:plain

もう1回回転させたら逆さまです。

f:id:harukunmama:20160708145741p:plain

 

f:id:harukunmama:20160708150416p:plain

では最後の問題

カップの持ち手の部分が気になりますが、底に注目!

f:id:harukunmama:20160708145925p:plain

f:id:harukunmama:20160708150312p:plain

逆さまにするので、底は上向きますね。ということで底が上を向いていないものは消去。

f:id:harukunmama:20160708150018p:plain

では、カップの持ち手に注目!! 

f:id:harukunmama:20160708150157p:plain

逆さにするのに、動かないのはおかしいので、答えは決まりですね。 

 息子の点数と平均点

息子は7点。平均点は5.6点。

息子は最後の問題を間違っていました。

回転図形が苦手だと、出てきた瞬間焦るんですよね。焦ると、良いことなんて何にもなくて、間違う元なんですよね。だから、上でもやったように、1つずつ見るポイントを絞って、チェックしていくことが大切です。傘やカップの問題は、傘の持ち手の部分やカップの持ち手の部分に注目してしまいがちですが、まずは選択肢を減らす工夫をしましょう。そうすることによって、解きやすくなることも多いです。

回転図形が苦手なら、問題集を切り取って、実際に1回まわす、2回まわして逆さにしてみましょう。少しずつ慣れていってペーパーでもできるようにしていきましょう。

 おすすめ

中学校受験を目指すなら、日頃から図形に慣れ親しんでおくと良いですよね。