ブログタイトル

小学校受験に濃紺のスーツを着なかった母親の話&お受験スーツの選び方

f:id:harukunmama:20190514183327j:plain
小学校受験をするにあたって、学校説明会、見学会、親子面接など何度か学校訪問の機会がありますよね。
その時に、悩むのがお母様の服装。「濃紺のスーツじゃないと不合格になるのでは?」なんて不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。
私は所謂お受験スーツは着ませんでした。それでも、合格しました。
しかし、私のようにお受験スーツを着ていなかったのは、本当に少数派です。周りのお母様の服装が気になる方は、お受験スーツを着ることをおすすめします。
今回は、お母様のスーツ選びのポイントや私の選択肢も含めてご紹介します。
当時、百貨店のお受験フェアでスーツを見た時に販売員さんにアドバイスしていただいたのがこの6点。

1.小学校受験の基本は濃紺のスーツ

あくまでも小学校受験の主役は子ども。母親は目立ちすぎない(黒子に徹する)、知的で優しく清楚な印象を持たれるように。

 

2.スーツのデザインは自分に合ったものを

丸みを帯びた襟元、生地と同色のボタン、体のラインが出過ぎないものを選ぶと良い 

入学や卒業式でも使いまわすことができるように、ワンピースにボレロやジャケットを合わせると良い

 

3.パンツスーツはNG

小学校受験での面接には、校長先生、教頭先生や年配の先生方が面接官となることが多いと思います。

年配の方は、パンツスーツは、正装ではなくカジュアルな印象を持たれている方もいるので、小学校受験ではパンツスーツより、スカートやワンピースがオススメ

 

4.シワにならない素材が良い

面接は待機時間が長いため、座っている時間も長くなります。

スーツにシワができたり、ヨレたりしていると、だらしない印象になることもあります。

シワになりにくい素材、ウールなどがおすすめ

 

5.スカートの丈は要注意

面接の時は、椅子に座ります。向かいにはもちろん面接官がいますよね。

その時に、膝が丸見えにならないようなものを選ぶと良い。

特に、背が高い方は注意が必要。

 

6.小物もスーツに合ったものを

お受験用スーツに合わせる小物は、高級ブランドである必要はありません。

むしろ、ブランド名がはっきりとわからないシンプルな黒のハンドバッグ、革素材の黒パンプス、ベージュのストッキングが定番ですね。

面接当日は、意外と荷物が多いので、黒や濃紺のサブバッグが必要となってきます。

サブバッグも、面接時に床に置くことを想定して、自立型のサブバッグを選びましょう。

スリッパも黒か濃紺のシンプルな物が良いですね。 

 

百貨店のスーツは高い・・・安いのではダメ?

一応、私も百貨店でスーツを探しましたが、10万円近くもして庶民の私には手が出ませんでした。そこで頼りにしたのが、ネット通販。

 

 メアリーココのスーツ

B-GALLERY(ビーギャラリー)のスーツ

 

「清楚」「控えめ」といった小学校受験を控えたお母さんたちが気になるポイントを抑えたスーツです。

ワンピースはベーシックですが、誰から見ても好感をもたれるようなデザインになっています。

結局、どれを選んだのか?

結局私は、わざわざ数回しか着ないスーツを購入するのも嫌になってきて、持っていた黒色のスーツを着ました。(下の写真が一番近いかな)
そもそも主役は子どもだし、場違いな格好さえしていなければ良いと思っていたので、気にしませんでした。

 

色も、濃紺でなくても良いと思うのです。
ベージュでもグレーでもも私のように黒でも。
学校のカラーによっては、絶対に濃紺でないといけないという雰囲気もあると思います。
少なくとも息子の学校はそんな格式高い学校ではないので、場違いな服装をしていなければいいでしょ、という感じでした。
私の周りは・・・
医師・弁護士・会社経営をされているご家庭は、百貨店の高級お受験スーツ
私と同じような庶民は・・・百貨店で購入する人もいれば、ネット通販、オークションを利用する方もいました。
そして、割合としては少なくなりますが、今持っているスーツを着る人もいます。
私のように、「主役は子どもで、母親のスーツで合否が決まるわけがない」と思っているのであれば、ご自身が思う服を着たら良いと思います
でも、もし残念な結果となってしまったとき、「私が濃紺のスーツを着ていたら、合格できたのかも」と思ってしまう可能性がある方は、お受験スーツを選ぶ6つのポイントを守っておいたほうが良いかもしれませんね。