ブログタイトル

「土の中で大きくなる野菜はどれ?」と聞かれて答えられますか?【小学校受験問題】

https://cdn.user.blog.st-hatena.com/default_entry_og_image/113890265/1514213475336948

 小学校受験の問題には「常識」という分野の出題もされます。

常識は「社会的常識」「理科的常識」に分けられています。

社会的常識としては、

①季節・行事

②公衆道

③集団生活のルールなどが挙げられます。

 そして、理科的常識は

①食べ物・花

②野菜・果物の断面図

③動物について(胎生・卵性など)

④物の浮き沈み

⑤風向き

⑥影などが挙げられます。

知識を詰め込んでやり過ごそうとすると、解けない問題も出てくるので、実際に体験したことを定着させておくことが大切となってきます。

つまり、「日常的にお子さんに様々な経験をさせていますか?」という親へのテストと言っても良いと思います。

学校側は、こういった問題から、家庭の様子もチェックしているんですよね。

 

理科的常識の問題3問

問題1

葉を食べる野菜に〇をつけましょう。

問題2

土の中で大きくなる野菜に△をつけましょう。

問題3

果物に✖をつけましょう。

 

f:id:harukunmama:20160430132341p:plain

 

野菜のどこを食べる?

我が家の場合は、スーパーに子どもと一緒に行って、「これはどこを食べる?」「これは野菜だったかな?」などと聞きながらお買い物をしていました。

あとは、新聞の折込広告の野菜や果物を切り取って、画用紙に「葉を食べる」「実を食べる」

などと書いて貼り付けていくと、自作の教材ができあがります。

うちの子だけかもしれませんが、手作り教材は、自ら見たり使ったりしてくれたので、身につくのも早かったです。

 

おすすめの本

  息子が小学校受験をしたのは5年前なので、同じ本は中古となるようです。  春夏秋冬の4冊を購入して、読んだところは付箋を貼って、何度も読みました。

 今だとこちらが良いと思います。