読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
"

小さな掌に大きな夢を

小学校受験勉強は就学前までに必要な力を身につけるのに最適! 親子でいろんな経験をしよう!

小学校受験問題にチャレンジ~回転図形の解き方~

 小学校受験でもよく出題される回転図形とは、ある図形(絵)が左や右に回転した時に、図形(絵)の向きがどのようになるかを考える問題です。例えば、このような問題。

 問題1

上の形を矢印の方に逆さまにするとどうなりますか。

見つけて〇を付けましょう。

 

f:id:harukunmama:20160428105205p:plain

いかがですか?

結構、難しくないですか?

問題によっては、大人でも、「ちょっとまってよ・・・」と時間が欲しい時もあります。

そのような問題でも子どもたちはスラスラ解いていたりするので、頭が柔らかいっていいいなと感じます。

 

 回転図形の解き方

回転図形の問題の解き方は、様々ありますが、基本的には、辺や頂点、模様などを基準として考えていきます。

この問題でも、「逆さまにすると」という表現が使われていますが、未就学児に「左に90度回転させて」と言っても理解できませんので、「90度回転する」場合は、「1回ころがす」「1回まわす」「180度回転する」場合は「2回ころがす」「2回まわす」「逆さにする」と表現します。

「270度」の場合は、「3回」ですね。そして、「右に3回まわす」は「左に1回まわす」と同じというのも覚えていたら、問題を解くときに楽な時もあります。

では、簡単な解説を・・・

f:id:harukunmama:20160501171920p:plain

この旗のような絵の中で、基準(目印)になるものを決めます。

f:id:harukunmama:20160501172015p:plain

旗の黒い部分が接している部分をチェック。

棒の部分には、黒と白い部分が接していますね。

f:id:harukunmama:20160501174430p:plain

ですから、2つ消去できます

あとは、逆さに回転させると、棒はどちらに来るかがわかれば、この問題は解けますね。

f:id:harukunmama:20160501174755p:plain  

1回転だとこうなります

f:id:harukunmama:20160501174831p:plain

2回転(逆さ)だとこうなります。

 

 問題2

こちらも問題1と同じです。

f:id:harukunmama:20160428105311p:plain

こちらも問題1と同じように解けますので、チャレンジしてくださいね。 

 おすすめ教材

有名小入試段階別ワーク B 図形・注意力 推理・思考

有名小入試段階別ワーク B 図形・注意力 推理・思考