読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
"

小さな掌に大きな夢を

小学校受験勉強は就学前までに必要な力を身につけるのに最適! 親子でいろんな経験をしよう!

模写する力って大切だけど、結構ないがしろにされる【小学校入学までに身につけておきたいこと】

就学までに身につけておきたい

小学校受験の問題集によくあるのが、図形の模写です。

これは、小学校に入ってからの運筆練習や図形学習の基礎となっていると言われています。

息子が通っている小学校の受験でも、模写は必ず出題されていました。(結構複雑なもの)

それだけ、小学校側は重要視しているということですよね。

 

図形の模写は、とにかく練習あるのみ!!

でも1日30分も模写ばかりしていたら、子どもが飽きてくるので、どんなにできなくても1日5分~10分が目安に切り上げる方がいいですね。

そして、いきなり難しい図形を書かせようとしても、無理です。

まずは、図形のパズルで丸、三角形、四角形を確認しておきましょう。 

 パズルで図形の確認ができたら、折り紙や竹ひごを使って、実際に形を作ってみましょう。

そして、実際に書く場合は、下の図のような四角、丸、三角から始めましょう。

 

 問題1 上の形をよく見て下のお部屋に同じように書きましょう。大きさも同じようになるように書きましょう。

f:id:harukunmama:20160325092445p:plain

問題1ができるようになったら、問題2

 

問題2

f:id:harukunmama:20160325092513p:plain

平行四辺形、逆三角形、ひし形です。

大人にとっては馴染みの図形ですが、子どもたちにとっては、結構難しいんですよ。

特に、ひし形は、斜めの線ばかりでできているので難しいです。

 ひし形は、4つの辺が等しくて、対角線が垂直に交わりますよね。

フリーハンドでここまで正確には書く事はできないでしょうが、近づけることができるように練習したほうがいいですね。

 

問題3

f:id:harukunmama:20160325092536p:plain

六角形、台形、五角形もまた難しいですね。

六角形、五角形なんかは、大人でもバランスよく書こうと思ったら苦労するかもしれませんね。

 

問題4

f:id:harukunmama:20160325092551p:plain

丸の中にさらに図形を書く問題です。

1つの図形を書くだけでたいへんなのに、その中にさらに図形を書くのは子どもたちにとっては至難の業。

上手に書く事ができなくても、頑張って書いていたら、褒めてあげるといいですね。

 

今回は、図形模写でしたが、模写には点描写もあります。

最初に話した、息子の学校で必ず出題されるのが点描写でした。

点描写のお話は、また今度。 

 

小学校に入ってからもこんな本で遊びながら勉強するのも楽しいですよ。(大人が夢中になってしまいます(笑))

おりがみで学ぶ図形パズル

おりがみで学ぶ図形パズル

 

 

天才ドリル 立体図形が得意になる点描写【神童レベル】

天才ドリル 立体図形が得意になる点描写【神童レベル】