ブログタイトル

【小学校受験】お話の記憶が苦手な子は想像力を鍛えると得点upする?

f:id:harukunmama:20190514183327j:plain

 当ブログでは息子が小学校受験した経験から、実際に解いたペーパーの類題や模試の類題や解き方のポイントや面接や行動観察の内容を紹介しています。
息子は年中の春に小学校受験の準備を始めました。しかも小学校受験なんて考えてもいなかったので、何の対策もしていませんでした。そんな息子がどんな感じに成長していくかご覧いただけたらと思います。
今回紹介するのは、年中の11月(入試の1年前)に受験した、通っていた教室の模試のお話の記憶です。規模は、受験数は180人なので小規模の模試ですね。

お話の記憶(年中11月末)

朝、くまくんが目を覚ますと、外はとてもいい天気でした。家族みんなで朝ごはんを食べていると、お父さんが「今日は川に行って釣りをしてこようとおもうんだ」と言いました。くまくんは「お父さん、ぼくも一緒に行っていい?」と聞きました。すぐに「ぼくも行く!」とお兄ちゃんも言いました。でも、お母さんが「どちらかひとりは。お母さんのお手伝いをしてほしいの」と言ったので、くまくんとお兄ちゃんはじゃんけんをして、勝った方がお父さんと一緒に行くことにしました。お兄ちゃんがチョキを出したので、くまくんが勝ちました。朝ごはんのあと、お父さんが釣りの準備をして、くまくんは黄色の帽子をかぶって、川へと出発しました。途中で鹿さんと会ったので、くまくんは「鹿のおじさん、おはようございます」と元気に挨拶しました。川に付くと、お父さんとくまくんは緑色のシートを敷いて並んで座り、釣りを始めました。お父さんはすぐに魚を釣り上げましたが、くまくんはなかなか釣れません。じっと待っていると、お日様がポカポカと暖かくて、少し眠くなってきました。そのとき、「ほらほら、魚がかかっているよ」とお父さんが声をかけました。くまくんがあわてて釣竿を引くと、大きな魚が釣れました。「ほう、これは立派なのが釣れたね」とお父さんが言ってくれました。帰る時間になってもくまくんが釣った魚は1匹だけでしたが、お父さんが釣った6匹の魚のどれよりも大きな魚でした。くまくんは大喜びで歌を歌いながら家に帰りました。(627字)

問題文

①お話の中の天気を選んで、〇をつけましょう。

②くまくんがじゃんけんで出したのは何でしたか。選んで〇をつけましょう。

③くまくんの帽子の色と同じものはどれですか。選んで〇をつけましょう。

④くまくんとお父さんが釣った魚は、合わせて何匹でしたか。その数だけ〇を書きましょう。

 

制限時間

①15秒 ②15秒 ③15秒 ④20秒 

配点 各5点

答案用紙

f:id:harukunmama:20191030183412p:plain

解答はこちら

f:id:harukunmama:20191030183948p:plain

息子の点数と平均点

今回のお話の記憶の配点は20点。平均点は13.7点(正答率68%)
息子は、20点満点でした。

今回のお話の記憶の解説

「お話の記憶」は聞き取った言葉だけを記憶するものではありません。言葉からその場面をイメージしていく力を見る問題です。
お話に出てくる「とてもいいお天気」「ジャンケンの勝ち負け」「黄色の帽子」「緑のシート」「釣りの様子」という表現は、言葉の知識だけではなく、お話の中で展開される同じような経験がないと想像することが難しいです。
お話を覚えるのが苦手な場合は、場面を想像するために必要な生活体験や語彙力が不足していることもあるので確認が必要です。

まとめ

今回のお話の記憶の問題文は627文字なので、それほど長い文章ではありませんね。息子が受験する小学校で出題されるお話の記憶の問題文は、2000字を超えてくる年もあると聞いていたので、3分の1くらいです。
解説にも書いていますが、問題2の「くまくんがじゃんけんで出したのは何ですか」は、文章には、くまくんが何を出したかは書かれていません。書かれているのは「お兄ちゃんがチョキを出した」「くまくんが勝った」ということです。ここから、くまくんが出したのは「グー」だということを導き出さないといけません。小学校受験の準備を始めた頃(年中の春)だと文章中に「くまくんはグーを出しました」と書いていたでしょう。それが、だんだん難しくなってきているのがこの問題だけでもわかります。
文章中の印象に残っている言葉だけを覚えていても答えられなくなってきますね。やはり、お話を聞いて頭の中で想像できるようになることが大切になってきます。