ブログタイトル

お父さん、お母さんに誉められたこと、叱られたことがありますか?が答えられない【小学校受験】

f:id:harukunmama:20190514183327j:plain

今回は、面接(口頭試問)の話です。息子は面接が苦手でした。
いろんなお話をできるお子さんは、本当に上手に答えることができるみたいですね。
特に、女の子の中には、面接受けする返答を作り上げる子もいるそうです。息子は、毎日経験していることもまともに答えることができないので、驚きました。
何も面接受けする返答何て作らなくてもいいです。実際に自分が経験していることを素直に答えるだけでOKです。
親の私たちは、子どもにたくさんの経験をさせてあげないといけないですよね。

年中10月頃の面接(口頭試問)の内容

①(お父さん・お母さん)と何をして遊んでいますか
②(お父さん・お母さん)に誉められたことはありますか
どんな時に誉められましたか
③(お父さん・お母さん)に叱られたことはありますか
どんなときに叱られましたか

 この質問は、基本中の基本なので、何度も練習します。

小学校受験の準備をし始めてすぐの頃(年中の4月)は、「誉められる」の意味が分からず、説明しても「誉められたことはない」と答え、叱られたことはあると答えました。
そして、年中の8月頃は誉められたことはあるけど、叱られたことは、なかなか答えませんでした。
これって、結構あるあるらしいのです。
お受験の勉強を始めた頃は、叱られたことを正直に答えるけど、しばらくすると、「叱られたことがある」と答えるとダメなんじゃないかと思って、「叱られたことはない」や答えることを渋る子が出てくるそうです。
では、年中の10月の息子の返答はこちらです。(赤字は息子の返答、青字は先生からの質問とコメント)
(お父さん・お母さん)と何をして遊んでいますかお母さんと本読んだりしてます。
どんな?)→わからん
一番最近は?)→わからん
いつ読んでもらった?)→毎日
昨日は?)→わからん
思い出して)→忘れた

(お父さん・お母さん)に誉められたことはありますか・・・・・・。
お手伝いとかする?)→してない
教室のがんばったカードを見せたら何か言ってくれる?)→誉めてくれません
運動会では?)→何も言われなかった
(お父さん・お母さん)に叱られたことはありますかうなずく
(どんな時)→ごはん全部食べへんかったら怒られる
(嫌いなもの?)→ありました
(何?)→ピーマンだけです
(その時怒られて食べた?)→食べました
(その後食べてる?)→食べてない時もある

もう少し大きい声で答えましょう。

面接(口頭試問)の課題

息子は、自分で考えて話すことが苦手なので、面接(口頭試問)が大の苦手でした。
絵本の読み聞かせも毎日していましたが、全く題名を覚えていなかったようです。もう、絵本を毎日読み聞かせしていること自体本当なのか?と疑いたくなってしまうような返答ですよね。
ちなみに、現在、中学2年ですが、今でも都合が悪くなると「忘れた」と言います。全く変わっていません。
あとは誉められたこと、叱られたことについても、きちんと答えることができていません。
親は誉めているつもりでも、子どもは誉めてもらっているとは思っていないことも多いようです。「よかったね!」「頑張ったね!」「すごいね!」と声を掛けてあげているのは、子どもにとっては誉めてもらっているとは感じていないということなんです。「誉める」という言葉の意味もあいまいでしょうから、「誉めるっているのは、こういうことなんだよ」と説明してあげることも必要かもしれませんね。
今回の評価は4段階中3番目(下から2番目)です。つまり、年中の秋であれば、もっと答えることができていることが望ましいということですね。

チェック項目

【入室時】
▢ あいさつ (できます・聞き取れません・できません)
【口頭試問時】
▢ 返答(できます・時間がかかります・できません)
▢ 姿勢(先生を正視できます・周りを気にして落ち着きません)
▢ 表情(緊張気味です・真剣です・笑顔が見えます)
▢ 言葉使い(単語・友達口調・丁寧語)
▢ 声の大きさ(適切です・小さいです・聞こえません)
【退室時】
▢ あいさつ(できます・聞き取れません・できません)

 課題は本当にたくさんある

いかがでしょうか?小学校受験の教室に通っていられる場合は、馴染みのある質問ばかりだったのではないでしょうか。小学校受験の対策を始めたばかりや教室に通っていない場合、

 

親子面接ってどんな準備したらいいの?

と不安に思われているかもしれませんね。当ブログが何かの参考になれば幸いです。
私の息子は、ペーパーはそこそこの成績を取ることができるのですが、面接(口頭試問)が苦手で、最後まで苦労しました。
年中の秋でこんな状態でも、1年後の本番では、しっかりと答えることができていました。親の方がしどろもどろで恥ずかしいくらいでした。
大切なのは、点数ではなく、今何ができて、何ができないかを把握すること。
そして、どのようにしたら伸ばしてあげることができるかを私たち親が考えて、子どもを導いてあげないといけないですね。