ブログタイトル

「〇〇は△△よりも大きい」と言葉で表現してみよう【小学校受験】

f:id:harukunmama:20160913144244p:plain

小学校受験の問題には、ペーパー(筆記試験)、口頭試問(個別検査)、行動観察、面接などがあります。何が出題されるかは、それぞれの学校によって異なります。今は、ペーパーの試験をしない小学校もあるようですね。

今回は、口頭試問(個別検査)の問題の例を紹介します。
紹介する問題は、年長の5月に出題された比較表現の問題です。

 

 比較表現の問題

比較表現を使って絵の説明をしましょう。

f:id:harukunmama:20190925153111p:plain

 

設問のねらい

絵を見て状態を表す言葉と「〇〇は△△より~」lという二者の比較をする表現の力を見ていく。
日常会話の中で、これらの表現を使うことで養われていく。

 

 息子の回答

f:id:harukunmama:20190925155215p:plain

ネコはウサギより重い 
ウサギはネコよりも軽い


 

f:id:harukunmama:20190925155318p:plain

左の木は右の木より大きい
右の木は左の木より小さい

先生からのコメント:大きい・小さいで表現しました。「高いの反対は?」には「小さい」と答えました。

 

f:id:harukunmama:20190925155457p:plain

右の本は厚いけど 左の本は薄い

先生からのコメント:「〇〇は△△よりも」で言ってみるように促しました。→言えました。

口頭試問(個別検査の)の難しさ

先生が目の前で工作をしたり、パズルをしたり、質問に答えるのが個別検査(口頭試問)です。

ペーパーの問題なら、「大きい方に〇をつけましょう」という問題も、個別検査だと紹介したような問題も出題されます。ペーパーだと比較の問題も正解できるのに、言葉では表現できない場合もあるので練習しておくと良いですよね。
子どもは「大きい・小さい」で全部表現してしまいがちですが、「高い・低い」「厚い・薄い」などの表現も教えてあげるといいですね。

本番の試験の時は「比較表現」という言い方はしないと思うので、同じ問題は出題されないかもしれませんが、「〇〇は△△より・・・」という比較表現は、小学校1年生の算数でも出てくるので、入学前にマスターしておくと良いですよね。