"

小さな掌に大きな夢を

小学校受験勉強は就学前までに必要な力を身につけるのに最適! 親子でいろんな経験をしよう!

小学校受験の図形問題は頭と手を動かして解いてみよう!

小学校受験では定番の図形の問題。いろんな問題集やパズルを使って勉強しているのではないでしょうか。今回は、年中の秋(11月)に解いた図形の問題です。これはペーパーの問題ではなく、先生と子どもが1対1で受ける個別検査になっています。

f:id:harukunmama:20160913154038p:plain

パズルの問題

①〇になるようにお手本の横にパズルを置きましょう(30秒)

②△になるようにお手本の横にパスルを置きましょう(40秒)

③□になるようにお手本の横にパズルを置きましょう(30秒)

 

f:id:harukunmama:20160913150851p:plain

息子は、①②は解けましたが、③は下のように置いてしまったようです。

 

f:id:harukunmama:20160913152606p:plain

先生の前で手を動かしパズルの問題を解くことは、子ども達も緊張するかもしれませんね。しかも、解けなかったら、焦ってしまい、余計に解くことができないかもしれませんね。

そんなことがないために、おうちで練習しておかないといけませんね。解けない問題があってもプレッシャーをかけるのではなく、励ましてあげるほうがいいですね。これが結構難しかったりするのですが・・・。どうしても感情が入ってしまいますからね。塾に通っているからといって、塾任せにできないですからね。それに、なかなか4歳や5歳の子が自ら勉強してくれるわけでもなく・・・。やはり親御さんの力が必要なんですよね。

小学校受験に臨む態度

私は、小学校受験なんて考えたことがなかった私が受験生の親になった理由ここにも書いたように、私が小学校受験をさせたいわけではなかったんです。

それでも、受験勉強をしていくと、どんどん必死になっていくのがわかりました。不合格になって公立にいくことになっても良かったのに。やはり、「不合格だった時に息子がショックを受けたらかわいそう」と思ってしまい、「合格させてあげよう」と力が入っていました。

周りの子は、小さな頃から七田や公文に通ったりしてお勉強をしている子が多くて、うちの息子はゼロからのスタートだからできないことが当たり前だったのに、少しできるようになると、欲が出てきて「もっと」と思うようになってしまいました。

息子に対しても、きつく叱ってしまうこともあり、冷静になると「悪いことをしたな・・・」と反省してばかりでした。それでも、息子はお勉強することを嫌いにはならなかったので助かりましたが、小学校に入る前に嫌いになられては、元も子もありませんよね。

小学校受験をしていると、目標が「合格」になってしまいがちです。でも、小学校に合格してからの方が長いのですよね。しかも、どんどん内容は難しくなる。小学校受験勉強で勉強嫌いになるくらいなら、お受験はやめたほうが良いと思います。でも、一度お受験の門をくぐってしまうと、なかなか引き返す勇気も出ないと思います。引き返す勇気が出ないなら、勉強嫌いにならないようにする方法を見出してあげたいですね。 

図形アレルギーにならないためにパズルを得意にしよう

小学校受験をする子ども達が解くパズルって難しい?? 

図形問題を苦手にしないためにもパズルをしよう

 おすすめグッズ