ブログタイトル

【小学校受験】実際の親子面接で答えた志望理由・本校に通わせたいと思う理由

f:id:harukunmama:20190514183327j:plain

 小学校受験に関わらず、志望理由を考えるのは難しいですよね。中には、「面接が得意だから楽勝!」なんて方もいらっしゃると思います。
私は、文章を書くことが苦手なので、志望理由だとか、面接で答える内容を考えることは苦でした。
ご自身の面接なら、事前に考えなくてもその場で普段考えていることを答えたらよいかもしれません。しかし、小学校受験の親子面接の場合は、お父さん・お母さんできちんと話し合っておくことをおすすめします。

 

なぜ夫婦で話し合わないといけない?

A君の場合

A君の親子面接の時、お父さんがお母さんが予想していなかったお話をし始めたそうです。お父さんがお話した内容だと、お母さんが事前に考えていた内容と矛盾してしまうという事態になったそうです。人前でお話することが苦手なお母さんが、パニックになってしまい、しどろもどろの返答になってしまったそうです。

B君の場合

B君の親子面接の時はこんな感じだったそうです。
B君の受験する小学校は3校でした。お仕事が忙しく、普段から育児はお母さん任せ。小学校受験の親子面接のお話も夫婦で話すこともありませんでした。そんなご主人を奥様は心配していましたが、案の定やらかしてしまいました。
女性の社会進出を掲げている女子校で、「我が子には、家庭で夫を支えて欲しい」と答えてしまったそうです。本音かもしれませんが、禁句ですよね。

C君の場合

C君の親子面接の場合。「学校に要望はありませんか?」と聞かれ、お父さんが「給食にしてほしい」と答えたそうです。受験した小学校は、毎日、家庭で作ってもらったお弁当を持ってきて、親への感謝の気持ちを忘れないようにする。というお話を説明会の度にお話しされるそうです。そんな小学校に、「給食を・・・」と答えてしまってはいけませんよね。

夫婦間での意見の相違や学校の教育理念と異なることを答えないためにも、きちんとお話しておく必要があります。

実際に答えた志望理由

私どもは、自分で考え判断する力や未知なるものへの知りたいという欲求を大事にしたいと考えております。
今、息子は、昆虫に大変興味を持っており、図鑑などで調べるだけでなく、昆虫館に行ったり、実際に飼育してみたり、庭で観察してみたりと体験的な教育を心がけています。これを親子で心から楽しむことができることを嬉しく思っております。
今年の入試説明会の折に、理事長先生が「心のにごりを濃くしてくとリーダーにはなれない」とお話されたことが大変心に残りました。
豊かな心や感謝の心を身につけることを原点として、知識を獲得し、人生に根を張って生きて欲しいと考えております。
これは御校での教育でしか得ることができないのではないかと思っております。
社会に出た時、「あの人と働きたい」と言ってもらうことができる魅力的な人間になるために、この12年間を御校の教育方針のもとで、親子ともども指導していただきたく志願いたしました。

志望理由に込めた思い

私が考えた、実際の親子面接で答えた志望理由はあまり参考にならないと思いますが、読んでいただきありがとうございます。
私は、小学校受験の親子面接の志望理由には、息子に有利になるような内容を入れたいと思っていました。
当ブログの親子面接のカテゴリを読んでいただければご理解いただけると思いますが、息子は面接が苦手だったのです。しかし、大好きな昆虫のことを話すときはたくさんお話できるのです。しかもとても楽しそうに。
息子が受験した学校は、何かに夢中になっている子どもが好まれると聞いていたので、絶対に昆虫に関する内容を志望理由にも入れようと決めていました。(願書の志望理由の欄にも書きました。
そして、親子面接本番、面接官から息子に対して昆虫のお話を振ってもらうことができました。その時、心の中ではガッツポーズをしていました。
この志望理由が良かったのか悪かったのかはわかりませんが、不合格にされるほどではなかったのだと思います。