"

小さな掌に大きな夢を

小学校受験勉強は就学前までに必要な力を身につけるのに最適! 親子でいろんな経験をしよう!

図形パズルの問題で想像力を育もう【小学校受験】

中学受験は、一昔前よりもメジャーになってきていて、「中学受験するんだ」と言っても、珍しがられることはないのではないでしょうか。

でも、小学校受験は、まだ珍しがられるかもしれませんね。(田舎だと特に。)周りに小学校受験を経験した人がいない分、どんな準備をするのかがわからず、手探り状態で進んでいく方もいるかもしれませんね。

小学校受験って、別に特殊ではなく、就学までに身につけておいて欲しいことばかりなんです。つまり、小学校受験をしない子が解いても決して無駄にはなりません。

今回は、年中の11月に解いた図形の問題です。

左のお手本の形になるようにパズルをしましょう(制限時間各30秒)

f:id:harukunmama:20160921104746p:plain

いかがでしょうか?

 

ちなみに息子は、上から3秒・15秒・5秒・8秒で解いていました。小学校受験の勉強を始めて約半年も経てば、これくらいのパズルは割とスラスラと解けると思います。

パズル(形の組み合わせ)は、図形の合成・分割と同じ意味合いを持っています。様々な形を自分で実際に組み合わせる経験を通して、想像力をつけていくことができます。

図形の問題は他にも紹介しているので、下のリンクからどうぞ。

小学校受験の図形の問題は解けたら良いわけじゃない。何を見られているのか? 

図形アレルギーにならないためにパズルを得意にしよう

小学校受験の図形問題は頭と手を動かして解いてみよう!