ブログタイトル

小学校受験の間違い探しと間違った時の訂正方法をチェック!

https://cdn.user.blog.st-hatena.com/default_entry_og_image/113890265/1514213475336948

同じような絵の中から全く同じ絵を選ぶのが同図形発見の問題。小学校受験でも出題されます。年中さんぐらいなら、割と間違いが見つけやすいですが、年長さんになると「どこが違うの?」というような問題も出たりします。

以下は、息子が年中の9月に受けた実力テストの問題です。(実際のテストはカラーではありません。)

 

年中9月実力テスト~お話の記憶~

年中9月実力テスト~数~

年中9月実力テスト~言葉~

年中9月実力テスト~パズル~

年中9月実力テスト~空間認識~

年中9月実力テスト~仲間集め~

 

仲間外れの問題(  )内は制限時間

上の四角の中の絵がお手本です。お手本と同じ絵に〇をつけましょう(120秒)

f:id:harukunmama:20160720142107p:plain

配点 2点×5

息子の点数と平均点

答えは、こちら。(異なっている箇所に青丸をつけてます)

f:id:harukunmama:20160727135159p:plain

①鼻が大きい

②耳がちょっと大きい

③足が黒い

④目が大きい

⑤舌を出してる&足が黒い

わかりましたか??

息子の点数は8点。平均点は8.0点。(実際の問題ではないので参考程度にお願いします)ほとんどの子が満点だったのでしょうね。ここで、息子が満点じゃなかったのはなぜでしょう。息子の解答用紙は下のようになっていました。

小学校受験では消しゴムは使えない。間違った時の訂正方法は?

f:id:harukunmama:20160727132334p:plain

左上の猫ちゃんに二重丸をしています。先生からのコメントは「どちらか1つ消しゴムマークをしましょう」と書かれていました。消しゴムマークとはこれ。

 

f:id:harukunmama:20160727132603p:plain

息子が受験する学校の消しゴムマークは、二重線でした。ですから、こうやって消しておかないと、「〇をつけましょう」と言われているのに、二重丸をつけていることになってしまうのです。受験する学校によって、間違った時の対処法は異なると思うので、チェックしておいたほうがいいですね。