"

小さな掌に大きな夢を

小学校受験勉強は就学前までに必要な力を身につけるのに最適! 親子でいろんな経験をしよう!

4歳児が解く数の問題は結構難しい?【小学校受験】

あと1週間で夏休み!ほとんどの小学生が夏休みを楽しんでいる中、うちの息子はランドセルを背負って学校に行きました。うちの息子私立小学校に通っています。といっても、我が家は医者でもなけりゃ会社を経営しているわけじゃない。それでも私立小学校に通わせることができてるのは、授業料が安いから。中学受験の塾に通わせるのと大差はないくらい。そんなことは置いておいて、今回は年中の9月に受けた実力テストの数の問題を紹介します。

年中9月実力テスト~お話の記憶~

問題 ( )内は制限時間

それぞれの段で同じ数のものを見つけて〇をつけましょう。(100秒)

f:id:harukunmama:20160721114324p:plain

配点 2点×4(完答)

 このタイプの数の問題は難しい

この問題の平均点は3.4点。息子の点数は、なんと2点!!2問目と4問目は、手付かず。1問目のみ正解でした。

今回の問題と 下の問題と比べてください。 

例1:左の積み木の数を数えて、同じ数のドングリのお部屋に〇をしましょう。

f:id:harukunmama:20160721111822p:plain

例2:左の点と同じ数のもの右から見つけて点と点を結びましょう。(100秒)

f:id:harukunmama:20160624160958p:plain

配点・・・各2点×5

こちらは、年中の5月の問題。同じ数を選ぶ問題です。

もう1問はこちら。 

例3:左と右の数はいくつ違いますか。違う数だけ右の四角に〇をかきましょう。(100秒)

f:id:harukunmama:20160706132324p:plain

配点 上2段2点×2 下2段3点×2 10点満点

こちらの問題は、年中の7月の実力テストの問題です。左と右ん数がどれだけ違うかという差を問う問題です。この問題は、問題の意味を理解できれば、数問はできるでしょう。

この4問の中で一番難しいのが、今回の問題でしょう。

例1は、左の積み木の数を数えて、右から同じものを選びます。これは左の積み木という元になる数があるので、答えを見つけやすい。

f:id:harukunmama:20160721112228p:plain

例2も、一見ややこしそうですが、数の少ないものから線結びしていくと割と簡単に解くことができます。

例3は、差の問題ですが、数える数がそれほど多くないので、問題さえ理解できれば解けるでしょう。

そして、今回の問題は・・・それぞれの段で同じものを見つけなくてはいけませんね。

今回の問題の注意点は、問題をよく聞くこと!普段のお勉強で数の問題は嫌ってほどやってると思います。そういう子ほど、こんな間違いをしがち。

f:id:harukunmama:20160721112745p:plain

こんな風に左1つと右3つを分けてしまうんです。勝手に左のイラストを基本として、「左の絵と同じ数のものを右から選びましょう」と脳内変換してしまうんです。途中で気づいたらいいのですが、気づかなかったら全問不正解になっちゃいます。

1問目の問題なら、パッと見て選べるかもしれませんね。

f:id:harukunmama:20160721113541p:plain

3問目は、う~ん・・・パッと見てわかる子もいると思いますが、うちの息子は無理だったので、地道に数えていました。 

f:id:harukunmama:20160721114533p:plain

でも、解答用紙を見ても、数を数えた跡がありませんでした。1問目は見た目で選んだのでしょう。でも2問目以降はできなかった。そりゃそうだ。いつもは1つずつ数えているんだから。いつもと違う問題に慌ててたのでしょうか。落ち着いて解くことができなかったようです。

おすすめ