"

小さな掌に大きな夢を

小学校受験勉強は就学前までに必要な力を身につけるのに最適! 親子でいろんな経験をしよう!

同図形発見を疎かにすると基礎を固められないよ【小学校受験】

 ここしばらくは年中の7月に受けた実力テストの問題を紹介しています。

これまでの問題はこちら。

年中7月実力テスト~お話の記憶~

年中7月実力テスト~数の比較~ 

年中7月実力テスト~言語~ 

年中7月実力テスト~回転図形~ 

 今回は同図形発見です。同じ図形を見つけるなら、同図形発見、異なる図形を見つけるなら異図形発見ですね。(そのまま!!)

 問題文(  )内は制限時間

左の絵と同じ絵を見つけて〇をつけましょう。(100秒)

f:id:harukunmama:20160712175424p:plain

 配点 上段2点×2 真ん中・下段4点×2 10点満点

 

 

  解き方

同図形発見・異図形発見は比較的簡単な問題なので、後回しにしたり、時間を割いていないこともあるかもしれませんね。でも、この同図形発見の問題は、基礎となるので大切にしたいところです。

1問目はこちら。 

f:id:harukunmama:20160712183113p:plain

黒丸と白丸だけの図形となっています。パッと見てわかる子もいますが、早とちりしないようにはじめのうちは1つずつチェックしていきましょう。

f:id:harukunmama:20160712183500p:plain

例えば、赤く〇をつけたところに注目するのであれば、左端の選択肢は消すことができます。

f:id:harukunmama:20160712183744p:plain

次に青く囲った部分に注目すると、右から2番目の選択肢を消すことができます。

こんな風に、違うところをチェックしていくと、同図形を発見することができます。この解説でわかっていただけたと思いますが、同図形発見は、異なっている部分を発見するのが一番早いです。その時に大切なのは、どこが異なっているかを説明させることです。これができれば、同図形発見での間違いはありませんよね。

2問目は、まず図形の上部に注目してみましょう。 

f:id:harukunmama:20160712184345p:plain

そうすると、選択肢が2つになりますね。そして、この2つの下の部分を見てください。どうですか?同じに見えませんか?この問題、1つ選べと言われていないので、もしかしたら、答えは2つあるかもしれませんよ。でも、しっかり見てくださいね。

f:id:harukunmama:20160712184635p:plain

青く囲った部分を見てくださいね。見にくいですが、左から2番目の選択肢の三角は少し大きいのです。異なる形ばかりを見ていると、大きさを見落としがちですが、見落さないでくださいね。

では3問目。

f:id:harukunmama:20160712184921p:plain

この問題は、建物のように見立てて眺めて見ると、屋根の部分が違っているのがわかりますよね。わからない場合は、1つずつチェックしてみてくださいね。

f:id:harukunmama:20160712185211p:plain

青く囲った部分に注目しましたが、選択肢を減らすことはできませんでした。さいごに緑で囲った部分に注目しましょう。そうすると・・・明らかに違う形の物がありますね。このように1つずつ丁寧に解いていきましょう。

 指導のポイント

この問題の息子の点数は8点でした。平均点は、6.3点なので、割とみんなできているという感じでしょうか。

同図形発見って、大人にとってみたら簡単な問題なんですよね。だから、子どもが解けないと、イライラすることが多いのです。早く他の問題(数の問題や重ね図形など)をして欲しいから、ヒントを与えてしまうんですよね。しかも、答えを教えているのと同じようなヒントを与えているんです。

「ほら、帽子をみてごらん」

「屋根のところをみてごらん」

なんて言ってしまうんですよね。

同図形発見では、絞り込んでいく方法をっマスターしていくことが大切です。自宅学習の時であれば、じっくりと解けば良いと思います。でも、テストとなるとそうはいきませんよね。どうしてもわからない場合は、その問題は飛ばして、次の問題に進むことも教えてあげないといけませんね。息子の場合は、とりあえず何か答えを書いて次に進んでいました。

おすすめ