読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
"

小さな掌に大きな夢を

小学校受験勉強は就学前までに必要な力を身につけるのに最適! 親子でいろんな経験をしよう!

苦手意識がある子も多いかも「系列」の問題はこうやって解く【お受験対策】

小学校受験準備

ここのところ年中の5月に受けた実力テストの問題を紹介していますが、今回は系列の問題です。

これまでの問題はこちら。

年中5月実力テスト~お話の記憶~ 

年中5月実力テスト~数の問題1~

年中5月実力テスト~数の問題2~

 年中5月実力テスト~しりとり~

 年中5月実力テスト~ハサミ~

 年中5月実力テスト~指示行動~

 

 系列の問題(制限時間各30秒)

①記号が約束通りに並んでいます。どんな約束家を考えて空いているところに入る印をかきましょう。(30秒)

②〇△×に入るサイコロはどれですか。下のサイコロから見つけて点と点を結びましょう。(30秒)

③〇△×に入る果物はどれですか。下の果物から見つけて点と点を結びましょう。

 f:id:harukunmama:20160630110105p:plain配点 各1点×10

  息子はどうしてこの問題を解くことができなかったのか

この問題の平均点は4.3点。息子の点数は5点。この問題も前回のしりとりの問題と同様、できた子とできなかった子の差が大きかったようです。

では、どこでつまずいたのでしょう。

サイコロ①は、〇△×の繰り返しなので、それほど難しくないと思います。息子も正解していました。

サイコロ②は、全くわからなかったようで、0点でした。

 系列の問題って、下のような1・2・3と繰り返している問題が多いと思います。

f:id:harukunmama:20160630111817p:plain

おそらくこの問題なら解けたでしょう。しかし今回はこちら。

f:id:harukunmama:20160630112343p:plain

大人であれば、1・2・3・4・5・6・・・・と続いているとわかると思いますが、息子にとっては難しかったようです。

サイコロ③はサイコロ①とよく似た問題ですが、最後の×の部分しか解くことができませんでした。

f:id:harukunmama:20160630113139p:plain

赤丸の部分が1つのまとまりとわかればすぐに解くことができますが、わかりにくかったのでしょうね。

でも、右から2つ目にバナナが出てきたので、これが最初とわかったのでしょう。×の部分だけ正解でした。

この問題の制限時間は、それぞれ30秒ずつ。

息子の学校の入試では、サイコロ①~③はそれぞれ違うページに載っているので、他の問題で時間が余っても、他の問題を解くことができないのが残念ですね。

 

 系列の解き方

系列の問題を解くには「まる・さんかく・バツ」とリズムよく口ずさむことが大切です。リズムよく口ずさんでいると、並び方の約束がわかってくると思います。

サイコロ①の問題は、「まる・さんかく・バツ・・・」の次が空欄となっています。しかし、選択肢がないので、登場していない模様が出ることはありません。そうすると、「まる・さんかく・バツ」の並びであることがわかると思います。難しい時は、同じ模様を指さしして、1マスずつずらしていけば、解くことができます。

基本的な問題は、この方法で簡単に約束を見つけることができます。

サイコロ②の場合は、繰り返しがないので慣れていないと「??????」と混乱するかもしれませんね。しかし、答えを聞いたら「あっ、そっか!」と理解できることでしょう。テストを受けることで、少し難しい問題にも触れることができるので良い機会だと思います。

 

様々な系列の問題を解きたいなら能力育成問題集 38 系列 がおすすめ