ブログタイトル

「しりとり」で知らない物が出てきた時はあきらめて次に進むことも大切【小学校受験】

https://cdn.user.blog.st-hatena.com/default_entry_og_image/113890265/1514213475336948

息子が小学校受験をするにあたって通っていた教室は、数か月に1回実力テストが実施されました。年中の5月に受けた実力テストの中の「しりとり」の類題を紹介します。

 年中5月の実力テスト

・お話の記憶

・数の問題1

・数の問題2

 

しりとりは語彙を増やすにも親子のコミュニケーションを図るにも良い遊びですよね。

以前の記事はこちらを参考にしてください。 

・「しりとり」は語彙を増やすにも、親子のコミュニケーションにも最適

・小学校受験に必要なのは、気持ちを切り換える力【しりとり】

 

しりとり(制限時間100秒)

左上の「はと」から矢印の方にしりとりができるように点線をなぞりましょう。

 

f:id:harukunmama:20160630093053p:plain

配点は、下図の通り。

f:id:harukunmama:20160630095555p:plain

平均点は、4.0点。息子の点数は8点。

「いか」を選択しないといけないところを「しか」を選択していました。

f:id:harukunmama:20160630095938p:plain

しりとりの問題でわからない言葉が出てきた時の対策

おそらく、「ししまい」を覚えていなくて、次が「からす」なので、最後に「か」が付く「いか」と「しか」と迷ったのでしょう。

 制限時間は、100秒です。いつまでも悩んでいると、解くことができる問題もできなくなってしまいます。

この問題の場合、選択肢がずっと続いているわけではないので、言葉がわからなくても、その部分を飛ばして解くことができます。

そして、最後の問題の配点は4点ですから落としたくはないですよね。(配点のことを考えて解く子どもはいないでしょうが・・・)

平均点から見て、できた子とできなかった子の差が大きかったと考えられます。

問題自体はそんなに難しいものではありません。

最後の選択肢も「スイカ」→「貝」は難なく選べると思います。そうしたら、「貝」→「イス」も選ぶことができるでしょう。

となると、やはり引っかかったのは「ししまい」でしょうか。

「ししまい」がわかって全問正解した子→10点

「ししまい」がわからなくて、次に進んだ子→8点

「ししまい」がわからなくてずっと悩んでいた子→2点

1つの言葉がわからないだけで、これだけの差がついてしまう可能性があるんですよね。

そうなると、

わからなかったら、ずっと考えているんじゃなくて、次に進むんだよ

とアドバイスしてあげておく必要がありますよね。

そして、問題はどんどん進んでいきます。「わからなかった」と凹んでいては、次の問題を聞き逃してしまいます。気持ちを切り替えることも大切になってきますよね。普段のお勉強だと体験できない部分がテストで体験できると思います。どの分野が苦手かも見えてきますし、こういった問題のように要領よく問題を解く必要性も見えてきますよね。