ブログタイトル

小学校受験の対称図形の問題が苦手なお子さんは、ここに注目して【折り紙図形】

 https://cdn.user.blog.st-hatena.com/default_entry_og_image/113890265/1514213475336948

今回は対称図形の問題です。

この問題を解くときは、折り紙を使って図形を正しく把握できるようにしておきましょう。

対称図形を解く時に必要となってくるのは、見えていない部分を頭の中で認識するための推理力です。

そして、2つ折りの時はできたけど、4つ折りになるとできなくなるということもあると思います。

 

対称図形 問題1

下の絵を見ましょう。

折り紙を半分に折って、もう一度半分に折りました。

そして黒い部分をハサミで切りました。

切ったあと、紙を広げたら、どのような形になっているでしょう。

右から正しいものを選んで線結びしましょう。

f:id:harukunmama:20160622090654p:plain

 

 対称図形  問題2

折り紙を半分に折って、もう一度半分に折りました。

そして黒い部分をハサミで切りました。

切ったあと、紙を広げたら、どのような形になっているでしょう。

下から選んで丸をつけましょう。 

f:id:harukunmama:20160622090850p:plain

対称図形を解くポイント

対称図形を解くにあたってのポイントは、折り紙のどこを切っているかです。

下の図の赤矢印で切るか、青矢印で切るかでも答えは変わってきますよね。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/harukunmama/20160622/20160622091916.png

 どこで切ったかをチェックできたら、開いた時にどのような形になるかを考えてみましょう。

問題1は、4つ折りの問題が苦手でも、形が全く違うので答えることができるのではないでしょうか。

問題2はいかがでしょうか?

模様は同じだけど、向きや数が異なるとややこしくなってきませんか。

でも落ち着いて、ポイントを押さえながら解いていきましょう。

f:id:harukunmama:20160622093616p:plain

①この問題の場合は、赤丸で囲った部分とハートの尖った方に注目して解いていきます。

②1度開きます。赤丸の部分とハートの尖った部分はどうなっていますか?

そして、ハートの数はどうなっていますか?

③②から③は、2つ折りの問題と同じなので解けるかな?

ハートの尖っている部分は、常に赤丸の方を向いていないといけないので、他の選択肢だとおかしくなりますよね。

こうやって段階を踏んで落ち着いて考えることで、答えを見つけることができます。

 

小学校に入ってからも役立つ本&グッズ