"

小さな掌に大きな夢を

小学校受験勉強は就学前までに必要な力を身につけるのに最適! 親子でいろんな経験をしよう!

小学校受験の線対称の問題は、小学校6年生・中学の勉強にもつながっているから、やって損はなし

小学校受験や日々思っていることを綴り始めて、100記事を突破しました。

お受験の問題は、就学前に身につけておいて欲しい内容なので、受験するしないに関わらず、チャレンジしてみるといいですよ。

意外に小学校、中学校の勉強にもつながっていたりします。

今日は、線対称の問題。

まず問題を解いてみましょう!!

 

 問題

下の絵を見ましょう。

折り紙を半分に折って、黒い線の上をハサミで切りました。

切ったあと、紙を広げたら、どのような形になっているでしょう。

右から正しいものを選んで線結びしましょう。 

f:id:harukunmama:20160621184509p:plain

 

 線対称の問題は折り紙から始めて

対象図形の問題は、折り紙を2つ折り(4つ折りの場合もある)して、ある形に切り取り、開いたらどんな形になっているかを考えます。

 これは、最初のうちは、頭の中で考えてもわかりません。

必ず、折り紙を使って、どのような形になるかを確認してください。

 小学校受験の段階では「線対称」という言葉は出てきませんし、覚える必要もありません。

でも、折り紙を2つに折って切ると、こんな形になるという仕組みを知っておくことは、決して無駄ではありません。

なぜかというと、線対称というのは、小学6年生の算数の範囲です。

6年生になるとこんなことを習います。

線対称

1.1つの直線を折り目にして折ったとき、折り目の両側がきちんと重なる図形は、線対称または直線について対称という

2.折り目にした直線を対称の軸という

3.対称の軸で折ると、きちんと重なる点・線を、それぞれ対応する点・線という

 小学校受験の問題を解いている子どもたちは、このような定義を知りませんが、自然と身についているのです。

 

 中学の問題だって解けるかも?

 下の図は、ある図形の一部です。

直線 を軸とした対称な図形を完成させなさい。

 

f:id:harukunmama:20160621203434p:plain

対称とか軸とか言葉は、未就学児には難しいですが、

「青の線で折ったらこんな図形になったんだって。

広げたらどんな図形になるかわかるかな?」

なんて言ったら、ササッと解いてしまうかもしれませんね。

ちなみにこの問題は中学一年の数学の問題です。

こういう所でつまずいてしまう子は、子どもの時に折り紙であまり遊ばなかったのかな?って思ってしまいます。

小学校受験をしなくても、小学校受験の問題に触れておくことは、無駄じゃないかもしれませんね。 

 

 おすすめの本