"

小さな掌に大きな夢を

小学校受験勉強は就学前までに必要な力を身につけるのに最適! 親子でいろんな経験をしよう!

積み木の問題は、空間認識の力を養うのに必要だから、遊びながら身に付けよう【小学校受験】

 小学校受験の問題でよく見かけるのが、積み木の問題です。

 この積み木の問題は、空間認識の力が必要となってきます。

この空間認識って、大人になっても、生活の中で必要となる場面があります。
車の運転なんかがそうですよね。

私がやっている仕事なんかも、空間認識の力が必要となります。

仕事で、超音波検査(エコー検査ですね)をすることがあるのですが、この検査は、平面に見える体の中を立体的に想像できないと、難しいと言われています。

お医者さんがレントゲンやCT画像を診るのも同じですよね。

ここはどこの臓器で、この後ろにはどの臓器があり、どの血管があるかがわからなかったら診断もできません。

 

 積み木の問題(年中10月)

お手本と同じ形になるように積み木を積みましょう(各問題制限時間60秒)

 

f:id:harukunmama:20160614133542p:plain

f:id:harukunmama:20160614133643p:plain

 

f:id:harukunmama:20160614133711p:plain

 

いかがでしょうか?

大人だったら簡単にできると思います。

 

でも、年中(5歳)のお子さんだったらどうでしょう。

小学校受験の準備をし始めているお子さんなら、簡単にできるかもしれませんね。

小学校受験の準備をし始めて半年の息子の場合。

 

f:id:harukunmama:20160614134017p:plain

上の図の赤の部分だけ積むことができました。

でも、真ん中の列の一番奥に積み木がないことに気付いて、迷ってしまい、結局積むことができませんでした。

 

  どうやって空間認識能力を伸ばすか?

子どもの空間認識能力を伸ばすには、生活や遊びの中で伸ばしていくのがいいですよね。

一番手っ取り早いのは、積み木やブロックですね。

積み木やブロックで立体的なものを作ることがいいですね。

放っておいても上手に作る子もいると思います。

でも、上手にいかないことの方が多いと思います。

その場合は、お父さんやお母さんが見本を見せてあげる必要がありますよね。

ぜひ、お子さんと一緒に遊びましょう!!

「ここ手伝って~」

「こんな風に作ろうか」

なんてコミュニケーションを取りながら遊ぶといいですね。

積み木やブロックは、たくさんあれば立体的なものも作りやすくなります。

でも、「積み木を何セットも買うのもな・・・」って思いませんか?

「子どものためなら何セットも買います!」という方ならいいのですが、私のような庶民は、どうしてもお財布を見てしまいます。

我が家では、小さめのお菓子の箱を集めて、積み木代わりにしたりしていました。

小学校受験の積み木の問題に対応するならずけいキューブつみきがあります。


 おすすめグッズ

空間認識や立体図形の仕組みを身に付けるなら、ジオマグ がいいですよ。

息子も今でも夢中で遊んでいます。