ブログタイトル

難しい「しりとり」の問題が出てきた時「あたまとり」ができると有利になるかも【小学校受験】

https://cdn.user.blog.st-hatena.com/default_entry_og_image/113890265/1514213475336948

小学校受験では、足し算や引き算をさせたりはしません。

文字を書かせたりもしません。

ではどんな問題を解くのでしょう。

小学校受験では、ペーパーと呼ばれる筆記試験、行動観察、口頭試問、面接など様々な角度から受験生の力を見られます。

その中でもしりとりは良く出題されます。

例えばこんな問題は、年中さんなら60秒以内で解くことができます。

大人なら15秒あれば十分かな?

しりとりが続くように、あいている所に右のカードを置きましょう

問題1

f:id:harukunmama:20160608170354p:plain

 問題2

f:id:harukunmama:20160608170454p:plain

いかがですか?

問題2は、「しりとり」ではなく、「あたまとり」をするとすんなり解くことができますよね。

「あたまとり」ってどんなの?

問題2の場合

解答はこちら【はた】→【たけのこ】→【こま】→【まつぼっくり】→【りんご】

この問題を解くとき、

【はた】→(    )→(    )→(    )→【りんご】

空欄が3つも連続している上に【はた】の後に続く言葉は【たけのこ】【たぬき】の2つあります。

とりあえず、【たけのこ】を入れてみよう!

と思って選んだ場合も最後に【まつぼっくり】【マイク】の選択肢が待っています。

逆に

とりあえず【たぬき】を入れてみよう!

と思って選んだ場合は選びなおしをしないといけませんね。
今回の問題1、問題2は2問合わせて60秒で解かないといけません。ゆっくりと選び直しをしている余裕はないかもしれませんね。

そんな時に便利なのが「あたまとり」です。

「しりとり」は、言葉の最後の文字を取ってつなげていきます。
「あたまとり」は、言葉の頭の文字を取ってつなげていきます。

問題2の場合だと

んご】→【つぼっく】→【】→【けの】→【

といった感じです。

「あたまとり」ができると、【りんご】→(   )を考える時も、最後の文字が【り】になるのは【まつぼっくり】だけなので、迷わず選ぶことができるのです。

ただし、普段から「あたまとり」の練習をしておかないと余計に時間がかかってしまいます。

「もう少し解いてみたいな」という方は、こちらもどうぞ。 

おすすめの本