ブログタイトル

【数に関する勘違い】100まで唱えることができることと数えることは全くの別物

https://cdn.user.blog.st-hatena.com/default_entry_og_image/113890265/1514213475336948

子どもが小学校に入学するまでに身につけておきたいことはたくさんあると思いますが、数もそのうちの1つではないでしょうか。今回は息子が幼稚園の年中さんの頃の数に関するエピソード。

 

教育熱心なA君のお母さん

普段そんなに親しくしていないA君のお母さんから保育参観の時に

100まで数えることできる?

と聞かれました。

 当時息子は、数えることができなかったので、

できないですね

と答えました。

そうすると、

そうなんだ~。うちはね、お風呂で100まで数えるんだけど、小学校入学するまでに150までは数えるようにさせたいのよ

 

聞いてもいないのに語ってくれました。

とても教育熱心なお母さんというイメージだったので、

そうなんですね~

と私の意見は、言わずに聞くことに徹していました。

A君のお母さんの言葉で不安になったB君のお母さん

そして同じような時期に普段から仲の良いB君のお母さんから

うちの子、100まで数えることができないんだけど、ヒロ君は数えられる?

と聞かれました。

うちも、数えられないよ

そうなんだ。A君のお母さんに小学校に入るまでに数えられた方がいいって言われたから気になって

(A君のお母さん・・・B君のお母さんにも言ってたのかい!)

100まで数えられるのがそんなに偉いことなのか!

お風呂の中で100まで数えることは、悪いことではありません。

100まで数えたら、上がろうね

と一緒に数えるのなら親子のコミュニケーションにもなって良いと思うのですが、

100まで数えないと上がれないよ

と100まで数えることを目的にすることはあまりおすすめはしません。

小学校に入学してから大切になってくるのは、100まで数えられることではありません。

100まで数えられなくても、10までの集合数と順序数の概念を理解していたらOKです。

集合数と順序数

集合数・・・ものの集まりの大きさを表す(例:前から5人)

順序数・・・あるものの順番を表す(例:前から5番目)

これらの10までの集合数と順序数の土台の部分を理解していれば、これらの数が100になろうが10000になろうが、応用ができるようになります。

もし、100まで数える力が重要なのであれば、小学校受験でも、「1~100まで数えてください」という試験があってもおかしくないですよね。

B君のお母さんの気持ちを不安から安心へ

100まで数えることができても、それは

1~100までの歌を歌っているのと同じだから、意味があるとは思えないのよ。10までしか数えられなくても、『4個のりんごを2人で同じ数ずつ分けたら1人何個になる?』っていうことがわかった方が価値はあると思うよ

とB君のお母さんに私の考えをお話しました。

そうすると

そっか、100まで数えることができても普段の生活に使える場面ってないよね

と不安な表情が明るくなりました。B君には弟さんがいたので

お菓子を分ける時に、同じ数に分けさせるようにしたら、自然と身に付きそうよね

とさらにイメージが沸いているようでした。

 年長児の数の概念 

年長児にもなると、100まで数えることができる子がいることは珍しいことではないかもしれないですね。

「100まで数えることができる」=「数の概念を持っている」ではありません。

お子さんがただ数字を覚えているだけか、数の概念をしっかりと持っているのかは、小学校受験の問題を解くと、チェックができます。

 

1.上の①②のおはじきの数を数えましょう

2.おはじきが10個になるように、おはじきを置きましょう。

f:id:harukunmama:20160607160911p:plain

3.青色のおはじきと赤色のおはじきは何個ありますか。

4.青色のおはじきと赤色のおはじきではどちらが多い(少ない)ですか。

 

 f:id:harukunmama:20160607161005p:plain

 

 

こういった問題をおはじきでもお菓子でもいいのでやってみるだけで、数の概念が付いていくと思います。

 

おすすめ教材

息子の通っている学校を受験したお友達が使っていた教材の中でこどもちゃれんじは人気がありました。

小学校受験って、難しいことをしていそうだから、こどもちゃれんじだと簡単なんじゃない?と思われるかもしれませんが、そんなことないんです。発達の段階に合った教材が届くので、小学校までに身につけておきたいことはもちろん、小学校受験にも役立ちます。

小学校受験をしているお子さんは、1つ上の学年を受講されているケースが多いように感じました。

小学校受験の基本は、「就学までに身についておいて欲しいこと」なので、こどもちゃれんじは必要なポイントを押さえているということなんですよね。 

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ