"

小さな掌に大きな夢を

小学校受験勉強は就学前までに必要な力を身につけるのに最適! 親子でいろんな経験をしよう!

スモック着脱・ビーズ通しを3ヶ月経ってやってみた【小学校受験・個別検査】

子どもに何かを教える時、できないことを必死に怒りながら教えるより、少し間を空けて教えてあげる、すんなりと理解してくれることが多いです。

小学校受験をされるなら入試までにマスターしなくてはいけないことがたくさんあるので焦りますが、少し時間をおいてみるのもたいせつですね。

今回は、個別検査のスモック着脱とビーズ通し(2回目)です。

前回は、年中の4月、今回は年中の7月です。

 

未就学児でも「自分のことは自分で」、家族の一員として「お手伝い」もしてもらいませんか【就学までにできて欲しいこと】 - 小さな掌に大きな夢を

 

スモック着脱

たたんでたるスモックを着てボタンを留めましょう。

ボタンを外して脱いで、いつものようにたたみましょう。

 

これを3分で行います。

 

 チェックポイント

●着方

☑スムーズに着ることができます

□着るのに時間がかかります

□ボタンを留めるのに時間がかかりました

□自分で着ることができません

 

●脱ぎ方

☑スムーズに脱ぐことができます

□ボタンを外すのに時間がかかります

□脱ぐのに時間がかかります

□自分で脱ぐことができません

 

 

 ●たたみ方

☑いつものようにたためます

□たためますが時間がかかります(袖・裏返し・その他)

□たたむことができません

 

特記事項

ほかの子の方をよく見て、やや集中力に欠けます

 

 ビーズ通し

紐にできるだけたくさんのビーズを通しましょう(60秒)

「やめ」と言われたら先生のお手本を見て固結びをしましょう。

 

 ビーズ通しのチェックポイント

☑両手をうまく使って通せています

□両手を使っていますが思うように通せません

□片手しか使っていません

□通すことができません

 

☑集中して取り組んでいます

□周囲が気になり落ち着きません

☑(10 )個通せました

 

 固結び

☑お手本通りにできます

□固結びができますが、お手本と違います

□固結びができますが、ゆるいです

□1回結んだだけです

 

 前回との比較

年中の4月に同じ課題をやったときは、スモックの1番上のボタンを留めるのを忘れていたり、ビーズ通しも片手しか使っていなかったので、両手を使うように促されていました。

今回(年中7月)は、スモック着脱、ビーズ通しもちゃんとできていました。

しかし、周りが気になって集中できていなかったようです。

教室にも慣れてきて、余裕も出てきたのか、キョロキョロするようになってきたみたいですね。

これからの課題ですね。

 

  おすすめグッズ

 

将棋は、頭を使います。

本格的な将棋はまだ難しいなというお子さんにも、おおきな森のどうぶつしょうぎ なら楽しんでできますよ。

お父さんと一緒に遊ぶことでコミュニケーションもとることができます!