ブログタイトル

お母さんの名前は、「ママ」ではありません【小学校受験・面接 年中5月】

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/harukunmama/20160518/20160518163213.png

私の息子は、自分の考えを言葉にして表現するのが苦手でした。つまり、面接が苦手でした。

名前・住所など覚えたら答えることができるものなら答えることはできますが、自分で普段の様子を振り返って答えるような内容だと「・・・・・・(無言)」となってしまいました。
そのような子でも、1年半かけて少しずつ自分の考えを答えることができるようになったので、その軌跡を書いていこうと思っています。

 

質問内容(年中5月)

1.家族について

(誰がいるか・何人いるか・名前など)

2.家でしていることについて

(家での遊び・お手伝いなど)

3.しつけについて

(誉められる・叱られる経験はあるか・内容など)

 

返答内容

※赤字は、先生の言葉です。 

1.家族について

・家族は誰がいますか

お父さん

お母さん

赤ちゃん→(男の子?女の子?と聞くと「男の子」と答えたので、「弟」と言うように指導しました。)

・家族は何人ですか

→4人

・家族の名前は?

→〇〇(苗字)パパ、〇〇ママ

名前を聞きましたが、「わからない」と答えました。

 

 

2.家でしていることについて

・家ではお手伝いをしていますか

→してる

・どんなお手伝いですか

→チャーハン作ったり、包丁持ったり。子どもの包丁やけど

・何切るの?

→ベーコン切ったり

・包丁を使うときに気をつけることは?

→こうすると言って指を丸める仕草をしたので、ことばで表現する練習をしました

  

3.しつけについて

(誉められる・叱られる経験はあるか・内容など)

・誉められることはありますか

→ある 

・どんなときに誉められましたか

→かしこく寝てたから

・叱られたことはありますか

→ない(具体的に例を挙げましたが、「ない」と答えました)

 

まとめ

面接のポイントは、人の話を聞き理解し、自分の意見を相手に伝わるように話すことができるかです。

小学校受験の準備を始めたばかりだと、語彙が少なく、単語で話すことも多いと思います。

うちの息子のように、私の名前を「ママ」と思っていたり・・・(夫婦で名前を呼び合うことがなかったので、知らなかったのでしょう。)

こうやって、面接の練習をすると、何ができていて、何ができていないかが目に見えて分かってきますよね。

年中の5月くらいなら、「です」「ます」が少しくらい抜けることは大目に見ても良いと思います。

兄弟姉妹のことは、名前はもちろんのこと年齢も言えるように。

そして大切なことは、しつけの部分ですね。

子どもがわかるように誉めて・叱る。おかしな状況かもしれませんが「今、誉めているんだよ」と言ってあげるのも効果的です。

 ここには、「叱られたことはあるけど、誉められたことはない」と答えています。

わずか1か月で、答えが真逆になっています。

子どもなりに、「誉められたことは答えないといけない。叱られたことは答えてはいけない」と判断した結果でしょう。

こんな時は、「誉められたことも叱られたことも、先生に言っていいんだよ」と言ってあげるといいですね。