読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
"

小さな掌に大きな夢を

小学校受験勉強は就学前までに必要な力を身につけるのに最適! 親子でいろんな経験をしよう!

お母さんに叱られたことはあるけど、誉められたことはありません【小学校受験面接編】

小学校受験って、特殊な感じがして、受験されないご家庭にとっては「関係ないわ」と思われるかもしれませんが、小学校受験で求められる力というのは、就学までに身につけておきたいことばかりです。

今回は、面接について。

小学校受験では、ほとんどの学校で面接が行われます。

「親子」「親と子どもが別々」「子どものみ」の面接があります。

面接は、練習をしすぎるのも良くないと言われる方もいますが、様々な質問を想定して準備をしておく方がいいですね。

大人であれば、不意な質問に対しても、臨機応変に対応できると思いますが、子どもの場合は、難しいですよね。

 

様々な質問に対する答えを準備し、丸覚えではなく、自分のものにしておくことで、精神的にも良い状態で面接に臨むことが出来ると思います。

そして、面接の質問例を見て、ご家庭の様子、お子さんの様子と照らし合わせてみてくださいね。

お子さんや、親子関係を冷静に見つめ直すとても良いチャンスになるでしょう。

小学校受験をされないご家庭も、息子が答えた内容を見て、「うちの子はできるかな?」とさりげなく質問してみると、お子さんがどれくらい自分自身のことをお話できるかがわかると思います。

 

f:id:harukunmama:20160510140017p:plain

 日常生活について(年中4月)

・お手伝いはしていますか

・何をしていますか

・お父さんやお母さんに誉められたことはありますか

・どんなことで褒められましたか

・お父さんやお母さんに叱られたことはありますか

・どんなことで叱られましたか

 

 息子の回答

・お手伝いはしていますか→してる

・何をしていますか→ソーセージとか人参とかじゃがいもとか切ってるの前した。

(毎日しているお手伝いある?)ない

(何で切るの?包丁。僕の包丁。カレー作るときにやったし、楽しいし、かんたん

(お手伝いしたらお母さんは何か言ってくれる?)言ってくれへん

 

・お父さんやお母さんに誉められたことはありますか

(「誉める」を説明しました)

→言われたことない。

促したが出てきません

幼稚園の先生ならあると言いました

 

・お父さんやお母さんに叱られたことはありますか→ある

・どんなことで叱られましたか

(何して?)わからん

(促して)意地悪して

(誰に)わからん

(促すと)赤ちゃん

(どんなことした?)積み木作ってたの、きりんとか、並べてたの倒して怒られた

(誰に?)お父さん

(何て言われたん?)こらー

(どんな気持ちした?)嫌な気持ちした

 

 課題はたくさん

 年中の4月、小学校受験用の教室に通い始めた頃の面接の練習です。

息子は、面接が大の苦手だったので、かなりひどい状態だと思います。

「お手伝いをしていますか?」と聞かれて「してる」じゃダメですよね。「しています」と答えないとね。

あと、文章を話しているのではなく、単語を並べているだけなんですよね。

そして、一番大切なのは、「誉められたこと、叱られたこと」です。

息子の場合だけでなく、「誉められたことはない」と答えるお子さんは多いそうです。

でもね、「叱られたこと」は、答えることができるんですよね。

親としては悲しいですよね。

 

誉めてないわけじゃないけど、子ども達にとっては印象が薄いんですよね。

ただ、「叱られたこと」を答えないお子さんもいるそうです。

それは、先生に「お母さんやお父さんに叱られたことを話したら、帰って叱られる」と思っている子。

誉められたことは言うけど、叱られたことは言わないとなると、この家庭では叱ったりしないのだろうか?と思われるかもしれません。そうすると、「しつけ」の部分で、「大丈夫か?」という印象を持たれてしまうかもしれないんですよね。

年中の4月は、こんな感じのグダグダの答えですが、1年半経ったら、立派に受け答えできるようになりました。

 

 まとめ

小学校受験の面接は親子のコミュニケーションを深めるのにとても良い機会です。

きっかけは、小学校受験の面接かもしれませんが、それでもお手伝いをすることは社会性を培うのに役立ちますよね。

そして、お手伝いをするとしっかり誉めてあげてくださいね。そして、お手伝いをしないときは、何も言わないのではなく、やらない場合は、きちんと注意してあげることが大切です。

家族の一員として、責任を持つことができるようにして、自立を促していけるといいですよね。

子どもは、誉められたことより、叱られたことの方が印象が強いです。

せっかくだから、お子さんに伝わるように誉めてあげたいですよね。

 

 おすすめの本

小学校受験 目からウロコの合格ノウハウは、テレビ朝日の出演がきっかけで出版された本です。

あすか会は、東京にありますので、通うことができない方は、こちらの教材もあります。詳細は→お受験 あすか会 小学校受験合格講座

読書法に力を入れていて、当時、ママ友にも見せてもらいましたが、こちらの読書法を取り入れることによって、本の楽しさがわかり、今でも読書が大好きです。