"

小さな掌に大きな夢を

小学校受験勉強は就学前までに必要な力を身につけるのに最適! 親子でいろんな経験をしよう!

「しりとり」は語彙を増やすにも、親子のコミュニケーションにも最適【小学校受験】

誰もがやったことがある「しりとり」。

小学校受験でも出題されます。

簡単だと思われるかもしれませんが、これが結構難しかったりするんです。

 

 問題

それぞれ上から下まで、しりとりができるように絵を選んで〇をつけましょう。

問題1

f:id:harukunmama:20160430223002p:plain

大人だと簡単ですが、子どもだと引っかかるポイントが出てくると思います。

ここで、「しゃもじ」「はかり」「ししまい」を出してくるのは、意地悪ですね。

 

問題2 

f:id:harukunmama:20160430225839p:plain

こちらも、「かなづち」「ちりとり」あたりが難しいかもしれませんね。

 

問題3

f:id:harukunmama:20160430233517p:plain

出た!!「スイカ」と「タンポポ」の下の絵、わかりますか?

大人でも、「これ何だったけ?」と思い出せないかも?

「かんな」ですね。

そして、「ナス」の隣の「蚊取り線香」も最近では見なくなったかもしれませんね。

こういった、季節限定の物や日常生活で使わないもの、最近使わなくなったもの等は、名前を覚えるだけでなく、使い方も覚えておくといいですよね。

 お子さんの語彙を増やすには、「しりとり」は役に立ちます。「しりとり」で遊んだ経験がたくさんあるほど、小学校受験の問題も簡単に解けます。

 

  おすすめ教材