"

小さな掌に大きな夢を

小学校受験勉強は就学前までに必要な力を身につけるのに最適! 親子でいろんな経験をしよう!

私立小学生の6割が将来なりたい職業って何?【小学校受験】

「大きくなったら何になりたい?」

小学生の頃、学校でも書いた覚えがあります。

私には「ケーキ屋さんになりたい」「学校の先生になりたい」なんて書いていました。

実際、ケーキ屋さんになりたいとは思っていなかったのですが、なりたい職業なんてなかったから、なんとなく「ケーキ屋さん」と書いていたのだと思います。

私の30年来の友人なんかは、小学生の頃から「看護婦さんになりたい」と書き続け、実際、看護師になりました。

従妹も昔から「スチュワーデスになりたい」と言っていて、何回もチャレンジしてCAになっています。

これって、すごいですよね。

 

 息子の夢は??

現在小学5年生の息子の夢は、「昆虫博士になること」です。

これは、幼稚園の頃から変わっていません。

確かに、昆虫に関する知識は、私なんかは太刀打ちできないくらいです。

学校の授業でも、昆虫の単元になると、「模範解答をいくつか言ってもらえるかな」と当てられるそうです。

学校の先生より詳しいです。

小学校受験の面接の時も、昆虫の話になり、

「どんな昆虫が好きですか?」と聞かれて、10種類以上答えていました。

息子の面接の時の面接官は、教頭先生だったのですが、とても嬉しそうに息子のことを見ていてくれたのが印象的でした。(超有名私立小学校ではなく、田舎の私立小学校ということもあるのか、息子のような熱中できる何かを持っている子は、一目を置かれるようです)

 

 今時の小学生の将来の夢は?

下の図は株式会社クラレが、2013年に小学校を卒業する子供たちに実施したアンケートの結果です。

男の子 女の子
順位 将来就きたい職業 (%) 順位 将来就きたい職業 (%)
1 スポーツ選手 23 1 パン・ケーキ屋・お菓子屋 8.9
2 学者・大学教授・科学者 14.5 2 教員 7.4
3 ゲーム関係 7.2 3 医師 6.3
4 教員 6.6 3 漫画家・イラストレータ 6.3
5 板前・コック・寿司職人 5.3 5 獣医師 5.8
6 宇宙飛行士 3.3 5 薬剤師 5.8
6 IT関係 3.3 7 芸能人・タレント・歌手 4.7
8 スポーツ関係 2.6 8 マスコミ 4.2
8 公務員 2.6 9 デザイナー 3.7
8 医師 2.6 10 ペット関係 3.2
      10 動物園・遊園地 3.2
      10 保育士 3.2
      10 看護師 3.2

(上図:株式会社クラレ「将来就きたい職業、就かせたい職業・2013」調査結果を筆者加工)

調査方法

株式会社クラレが、2013年に小学校を卒業する子どもとその親に調査を実施。有効回答を抽出し、回答内容を集計。
⇒子ども(男の子152人、女の子190人)、その親(男の子85人、女の子102人)    

引用:教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーション

 

これで言うと、息子は2位の学者・大学教授・科学者に当てはまりそうですね。

では、息子が通っている小学校の子どもたちが将来なりたい職業とは何だと思いますか?

やはり小学生だし、上の表にもあるみたいに「スポーツ選手」だと思いますか?

実は、8位の医師がダントツトップなのです。

授業参観に行ったとき、掲示板に貼られている「将来の夢」を見ると、男女共にざっと6割の子が「医師」と書いていました。

確かに、親御さんが医師をされているご家庭は多いです。でも6割はいないと思います。

その中で、6割の子が医師になりたいっていうのは、すごいですよね・・・。

中には、「漫画家になりたい」「漁師になりたい」「アナウンサーになりたい」と書いている子もいますが、本当に少数派。

私は「面白くないな」と思いました。

医師も立派な夢なのですが、なんだか他人の夢に引っ張られて「医師」と書いているような気もするので、医師だらけの将来の夢には眉をひそめてしまいます。

 

 親は子どもにどんな職業について欲しいと思っている?

下の表は、上の表と同じく株式会社クラレが小学生年生、小学6年生の男子の親御さんにアンケートをとった結果です。 

 

小学1年生 小学6年生
順位 将来就いてほしい職業 (%) 順位 将来就いてほしい職業 (%)
1 公務員 19.8 1 公務員 16.5
2 スポーツ選手 12 2 教員 10.6
3 医師 10 2 学者・大学教授・科学者 10.6
4 会社員 6 2 エンジニア 10.6
5 消防士 5.3 5 会社員 8.2
6 警察官 4.2 6 医師 3.5
6 エンジニア 4.2 6 医療関係 3.5
8 学者・大学教授・科学者 3.7 6 スポーツ選手 3.5
9 薬剤師 3.6 6 専門職 3.5
10 職人 2.9 10 薬剤師 2.4
      10 作家・絵本作家 2.4
      10 外交官 2.4
      10 板前・コック・寿司職人 2.4
      10 IT関係 2.4
      10 スポーツ関係 2.4
      10 司法・法律関係 2.4
      10 農業・酪農 2.4
      10 会計士・税理士 2.4

(上図:株式会社クラレ「将来就きたい職業、就かせたい職業・2013」調査結果を筆者加工)

 引用:教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーション

 小学1年生の時は、スポーツ選手が上位にランクインしていますが、6年生にはありませんね。

1年生も6年生も公務員が1位というのは、親はやはり現実的ですね。

 

 

こちらは、女の子の親編。

小学1年生 小学6年生
順位 将来就いてほしい職業 (%) 順位 将来就かせたい職業 (%)
1 看護師 15.9 1 教員 14.7
2 薬剤師 10.6 2 医療関係 8.8
3 公務員 10.2 3 専門職 7.8
4 保育士 9.3 3 看護師 7.8
5 医師 6.8 5 医師 6.9
6 パン・ケーキ屋・お菓子屋 6.4 6 公務員 5.9
7 教員 4.2 6 会社員 5.9
8 会社員 3.8 8 国際関係 3.9
9 医療関係 3.4 9 学者・大学教授・科学者 2.9
10 芸能人・タレント・歌手 3.4 9 芸能人・タレント・歌手 2.9
9 マスコミ 2.9
9 花屋 2.9
9 金融関係 2.9
9 図書館司書 2.9

(上図:株式会社クラレ「将来就きたい職業、就かせたい職業・2013」調査結果を筆者加工)

 引用:教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーション

女の子の場合も、1年生はケーキ屋さん・お菓子屋さん、花屋さんがランクインしていますが、6年生には姿を消していますね。

男の子の親と違い、公務員は6位ですね。

私は医療関係の国家資格を持っているので、2位ですね。

 

 結局、息子にどんな職業に就いて欲しいのか?

私には、息子が1人しかいないのですが、もし女の子がいたら、看護師・薬剤師・その他医療従事者になって欲しいかな。

その他医療従事者ってたくさんあるのですが、国家資格系です。やっぱり、国家資格を持っているのと持っていないのでは、待遇が違います。

やはり、国家資格があれば、結婚や出産を機に離職をしても、また働こうと思った時に、働けるという強みがあります。

 

女の子で、やりたいことがなければ、医療系をすすめるかな・・・。

やりたいことがあれば、やりたいことをさせてあげるかな。

では、息子は・・・。

今現在、昆虫博士になりたいと言っていますが、それに対する努力は一切していません。

親としては、昆虫は趣味で・・・とお願いしたいところですね。

タイプ的に理系に進むような気がするので、大学に残って研究をするのではなく、企業での研究や開発をしてくれる方がいいかな・・・。

あと10年したら息子は20歳。

いったい、どのようになっているのでしょうね。

そして「医者」になりたいと書いている6割の子達の何割が医学部に入学できているのかな。

どんな職に就くにしても、まずは人間性ですよね。

人を傷つけるような人間は、どんな職業に就いたって上手くいきませんよね。

この子の人生をどうするかは、親にかかっているんだよな・・・と思うと、気が引き締まります。

自分自身も広い視野を持って、子どもに接してあげないといけないですね。

何にせよ、子どもの成長は楽しみですね。 

 

 おすすめの本

医者をめざす君へ

医者をめざす君へ

 

 医者や医療関係者を目指している人だけでなく、たくさんの人に読んで欲しい1冊。

これからの子どもたちを育てていく親御さんや学校の先生には読んで欲しいですね。

中学生の倫太郎くんの周りに対する思いやり・暖かさが伝わってきます。

いろんなことを考えさせられる1冊です。

 

日本の給料&職業図鑑

日本の給料&職業図鑑