"

小さな掌に大きな夢を

小学校受験勉強は就学前までに必要な力を身につけるのに最適! 親子でいろんな経験をしよう!

【言葉の音の数】「きゅうり」は3音?4音??【小学校受験】

 問題

左側の絵の名前と同じ音の数のものを右から見つけて〇をつけましょう。

f:id:harukunmama:20160501233508p:plain

小学校受験では、文字を「読むことができない」「書くことができない」が前提なので、この問題も「ライオン」と書いて解く方法はとりません。

息子が通っていた塾では、子ども達に「かたつむり」と発音させながら、手叩くように教えてもらっていました。

「かたつむり」なら5音、「すいか」なら3音でできていることを理解させます。

「これくらいの問題なら、1つ1つ音の数だけ〇を描くのではなく、覚えるくらいにしておく方がいいです」と言われましたが、息子の場合は、メモを取らないのは難しいので、1つ1つ描いていました。

 言葉の音の数の問題は、年中くらいから解き始めていると思うので、少しずつ手を叩かなくても、解くことができるように練習しておかなくてはいけませんね。(入試の時に、手を叩くわけにはいきませんからね)

 

 「きゅうり」はいくつの音でできている?

拗音(ようおん)、促音(そくおん)、撥音(はつおん)長音(ちょうおん)について下図にまとめました。

まとめ
拗音(ようおん) きゃ きゅ きょ 「ゃ」「ゅ」「ゅ」
も含めた全体で1音
きゅうり
→3音
促音(そくおん) 「きって」などの「っ」
「つまる音」とも言う
「っ」も1音と数える きって
→3音
發音(はつおん) 「ペンギン」などの「ん」
はねる音とも言う
「ん」も1音と数える えんぴつ
→4音
長音(ちょうおん) 「スキー」などの「ー」
「のばす音」とも言う
「ー」も1音と数える スキー
→3音

 

これらのきまりから、「きゅうり」は3音になりますね。

ちなみに冒頭の問題の f:id:harukunmama:20160502001226p:plain は「なすび」ではなく「なす」にしています。

問題集によっては「なすび」の時もあるので、受験される学校はどのように対応しているかをチェックしておく必要がありそうですね。

 

  おすすめの本

息子も、言葉の問題は苦手でしたが、この問題集を1冊終わる頃には、得意になっていました。