読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
"

小さな掌に大きな夢を

小学校受験勉強は就学前までに必要な力を身につけるのに最適! 親子でいろんな経験をしよう!

季節の行事は、本だけで見るのではなく体験させて【就学までに身につけたいこと】

 小学校受験とするにあたって、大切なのは「学校側の出題の意図と知ること」です。

 今回は理科的常識の中でも「季節」を取り上げたいと思っています。小学校受験では、「行事の絵を見て季節を答える」、「花を見て季節を答える」といった問題が出題されることもあります。そして、子どもたちにとって、難しいのもこの「季節」の問題です。

 季節の問題が出るからと闇雲に覚えさせているだけでは、ただの「知識の詰め込み」になりますよね。詰め込んで得た知識って、すぐに忘れてしまいませんか?みなさんも経験があるのではないでしょうか。

 小学校受験では、お子さんが楽しんでお勉強ができるような環境にしてあげることが大切です。そして、どうしてお勉強する必要があるのかを伝えて、自然と身につけることができるようにしてあげたいですよね。

 では、どうして小学校受験で「季節」の問題が重視されるのでしょう?

 

 「季節の行事」はどうして出題されるのか? 

 日本には、「春夏秋冬」といった四季があります。その季節の移り変わりに敏感になり、日々を楽しんで過ごして欲しいですよね。小学校側もそのような思いがあるのです。これは、国立だろうが、私立だろうが、公立だろうが同じではないでしょうか。「季節の行事」について、子どもたちにも興味を持って欲しい、知ってほしいので出題されているのです。

 ここで注意しなければいけないのは、お勉強の仕方です。「季節の行事」が出題されるからといって、本やテキストを目の前に丸暗記をさせることはオススメしません。なぜなら、冒頭でも書いたように「知識の詰め込み」になり、一時的には記憶されるかもしれませんが、身についていない恐れがあるからです。

 では、どうやってお勉強しましょう。

 そんなのは簡単です。

 外に出ましょう!!

 季節を感じられるところに出かけてみましょう。別に遠出をする必要はありません。春なら、桜を見に行くだけでも良いですよね。夏なら海、秋なら紅葉を見に行く・・・。行事に関しても、可能な限りご家庭で経験できるようにしてあげると良いですね。そうすると、お子さんの記憶にも残ります。写真なんかで残しておけば、後で見ることができるのでいいですよね。

 息子の学校の校長先生は、「心と体で四季を感じて、それぞれの季節を楽しむことができる豊かな心を持ったお子さんに入学して欲しいです」とおっしゃっていました。

 
 季節の行事を体験しよう 

  春には「おひなまつり」、「端午の節句」などの年中行事だけでなく、桜の花が咲けば「お花見」、「入学式」、「母の日」、「潮干狩り」などもありますよね。

 夏には「七夕祭り」として、笹の葉に願い事を書いた短冊を書いてつるしたり、織姫さまと彦星様のお話をしたりしますよね。他には、「花火」「海水浴」「夏祭り」などといったものもありますよね。

f:id:harukunmama:20160413153425p:plain

 

 親子で一緒に楽しんで覚えましょう

 「季節」の問題って、なかなか身につけることが難しいのですが、「覚えさせなくては!!」とあまり気を張らずに、親子で季節の行事を一緒に楽しむのが一番良いですね。

 「お正月」だと、お子さんと一緒に初詣に行き、おせち料理やお雑煮を食べ、凧揚げ

やコマ回しなどをして遊ぶと記憶にも残りますよね。お正月特有の「鏡餅」「門松」も見せてあげたいですよね。うちの息子は、「鏡餅」「門松」をなかなか覚えることができなかったので、お正月に「鏡餅」「門松」の前で写真を撮りました。その写真を撮ることによって、覚えることができました。

 「おひなまつり」の場合は、雛人形を飾ったら、お子さんも興味を持ちますよね。男の子の場合は、幼稚園で雛人形を製作していたら、それを見ながら「ひなまつり」についてを教えてあげたら、身についてくれるでしょう。

 「お正月」「ひなまつり」「端午の節句」などの伝統行事だけでなく、季節のイベントも体験させてあげたいですね。春になれば「潮干狩り」、夏になれば「海開き」、秋になれば「紅葉を見に行く」・・・このような体験をしておくことは、子どもたちの成長にとっても、とっても大切なことなのです。

 
 最後に

小学校受験において「季節の行事」が大切な理由や、学び方を紹介しました。日本の式は、本当に素晴らしいです。日本に住んでいるなら、これを思う存分体験しないのは、人生を損していますよ。「季節の行事」について学んでいると、大人の私たちでも知らないことが出てきます。お子さんと一緒に、お父さん、お母さんも心と体で季節を感じで見てください。 

 小学校受験を目指しているのであれば、季節の知識を定着させるのには1年は必要ですね。(春夏秋冬を一通り経験できるように)入試が秋なら、前年度の夏から体験を遠しれ覚えることができるようにしたいですね。

 

↓↓↓ こちらのきせつの図鑑 (小学館の子ども図鑑 プレNEO)には、本当にお世話になりました。

実際に体験して、さらに理解を深めるために重宝しました。大人が読んでも「へ~知らなかった」ってことも書かれていて、勉強になります。小学校受験をするしないに関わらず、持っておいたほうがよい1冊だと思います。

きせつの図鑑 (小学館の子ども図鑑 プレNEO)

きせつの図鑑 (小学館の子ども図鑑 プレNEO)