読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
"

小さな掌に大きな夢を

小学校受験勉強は就学前までに必要な力を身につけるのに最適! 親子でいろんな経験をしよう!

震災時の通電火災の対策はしていますか?【大震災で学んだこと】

命を守るためにできること おすすめグッズ

熊本の地震で被害に遭われた全ての方にお見舞い申し上げます。

f:id:harukunmama:20160419105420j:plain

私の主人は、地震の当日朝から熊本に出張に行っていました。

そして、その夜、地震に遭いました。 

ojuken.hatenablog.com 

ojuken.hatenablog.com

 

 皆さんは、『通電火災』という言葉をご存知でしょうか。

『通電火災』とは、大地震や台風などの災害時に、電線の断線等のために停電になり、その後電気が復旧するときに起こる火災のことを指します。

通電火災が注目されたのは、阪神淡路大震災の時でした。

当時、私は中学生でした。

次から次へと火災が発生している映像が記憶に残っておられる方もいらっしゃるかもしれませんね。

この火災の多くの原因とされていたのが、『通電火災』なのです。

 

 通電火災の原因は?

通電火災は、地震によって家の中がぐちゃぐちゃに散らかった状態で通電した時に発生します。

通電火災の原因は、

・ガス漏れが発生しているところに通電して火花が起きて爆発

・倒れたままの電気ストーブ等の器具に通電したり

・壊れているコンセントや切れた電気配線に通電して可燃物に引火したり

・熱帯魚用のヒーターが外に飛び出て、絨毯の上に落ちたり

・炊飯器が落ちたとき、炊飯スイッチが入って炊飯器の熱が可燃物に引火する等と様々です。

通電火災は、住人が避難所等に避難したあとで電気が復旧して、火災が発生するため、初期消火が難しいと言われており、建物が延焼し被害が拡大してしまいます。

 

 通電火災を防ぐためには?

 1.避難するときは、ブレーカーを切る→避難する時は、必ず電気のブレーカーを落とす。

2.通電火災防止器具の設置する→地震発生時に自動的に電気の供給を止める「感震ブレーカー」の設置が有効 

 

 家庭でも『通電火災』の対策はできるのか?

通電火災に対応した分電盤というのもあるそうです。

しかし、数万円以上と高価である点から、あまり普及していないそうです。

では、家庭では通電火災対策はできないのでしょうか?

ただ、家庭でも簡単かつ安価にできるグッズもあります。

↓ ↓ ↓

家族を震災から守る防災グッズ!【スイッチ断ボール】公式サイトはこちら

 

 こちらの装置は、とても簡単な仕組みです。

ブレーカーのスイッチをおもりの玉で切断するというものです。

普段は、画像の通り、おもりがスイッチを引っ張らない状態になっています。

そして、地震が発生すると、地震の揺れでおもりが下に落ちて、同時にスイッチを下に引っ張って電源を遮断するというものです。 

「大震災が起きた時は、ブレーカーを落として避難しましょう」と言われても、そんな余裕はありませんよね。

【スイッチ断ボール】 なら、3000円ちょっとで、家族の命や大切な家を守ることができます。