"

小さな掌に大きな夢を

小学校受験勉強は就学前までに必要な力を身につけるのに最適! 親子でいろんな経験をしよう!

小学生でお焼香はできなくても恥ずかしくないけど、できたらカッコいいよね

先日、伯父の葬儀に参列しました。

ojuken.hatenablog.com

 その時、小学5年生の息子も連れて行きました。

子どもは、息子も含めて7人。

息子と同い年の女の子、3年生、年中さん、年少さん、2歳の男の子、1歳の女の子

 

f:id:harukunmama:20160209085521j:plain

 小学生はお焼香はできるのか?

 お葬式では、お焼香をしますが、果たして小学生はお焼香ができるのでしょうか。

できなくてもね、いいと思うんです。

「小学生だから」で済ませてもらえます。

でも、きちんとできたら、結構褒めてもらえます。

「しっかりした子」という印象がいろんな方に残ります。

ついでに親も「しつけがしっかりできている」と褒めてもらえます。

どうせなら、そっちの方がいいですよね。

息子は、これまでに親戚のお葬式や法事でお焼香を何度もしているので、私がついていなくても大丈夫です。

お寺が経営している幼稚園に通っていたので、合掌も様になっていたりします。

では、息子と同い年の女の子は?

やはり、お母さんと一緒に出て、お焼香をしていました。

これって、経験がなければできないことだから、高校生になるまでお葬式に参列したことがなければ、わからないことなのかもしれないですね。

小学生であれば、恥ずかしくなくても、高校生がキョロキョロとしていたら、恥ずかしいですよね。

そんな中、小学生がきちんとできていたら、さらに恥ずかしい。

親は、子どもが恥をかかないように教えてあげないといけないですよね。

 

 お葬式における息子の役割

初七日が終わり、伯母やいとこ(伯父の息子さん・娘さん)からお礼を言われました。

「ヒロ君がいてくれてよかったよ。」

「面倒見がいいから助かったわ」

息子がやんちゃ盛りの小学3年生、年中さんと一緒に遊んでいたので、走り回ったりしなくて助かったと言っていただきました。

「いやいや、ただ遊んでただけやで」

と私が言うと・・・

「そんなことないよ。ヒロ君がいてたから口で注意するだけで済んだんやで。いなかったら、誰かの手がとんでたと思う」と。

まぁ、やんちゃ盛りの子どもたちが退屈なお通夜や告別式でじっとしてることができるわけがないですよね。

とりあえず、うちの息子でも役に立ったのならよかった。