ブログタイトル

箸は小さい頃から正しく持つようにさせてあげないと、将来子どもが恥をかく?

テレビを観ていても、箸の持ち方が悪い方っていますよね。外食をしていて、隣のテーブルに座っている人をふと見ると、ビックリするような箸の持ち方をしていることもあります。

小学校受験で箸の持ち方はチェックされる ?

息子の場合は、幼稚園で自然と覚えてきたようで、私はあまり教えませんでした。
息子の小学校の入試では、箸使いを見られる試験はありませんが、学校によってはお弁当を食べる様子を見られる試験もあるようです。
 その時にチェックされるのは、食事中のマナーでしょうね。
 その中には、もちろん箸の持ち方も含まれているでしょう。
 食事中のマナーをチェックされなくても、箸を使った手先の巧緻性をチェックする試験も出る学校もあります。
通っていた教室でも小豆摘みの練習もしました。
 手先の巧緻性を養うのにも良い練習になりますね。

箸の持ち方がマイナスに・・・

 それに箸の持ち方をきちんとマスターしていると、大人になっても恥ずかしい思いをしなくていいですよね。
私の経験で申し訳ないのですが、若い頃、 学生時代に憧れていた先輩と食事に行った時、その先輩がにぎり箸だったのがショックでした。
 そんな細かいことを気にするのは私だけかもしれませんが、箸の持ち方が良くて マイナスになることはありませんよね。
 しかし、小さい頃の癖が抜けずに困っているお母さん方もいらっしゃると思います。 大人の方も使える矯正箸なんかもありますよね。  

矯正箸&おすすめの箸

【オレンジ 左手用 (2歳から対象) すぐに使えるお箸】

大人用の矯正箸もあります。

  

箸久さんのホームページにお箸の正しい持ち方が紹介されています。

  箸久さんでは、たくさんの種類のお箸を販売されているので、ぜひご覧ください。