"

小さな掌に大きな夢を

小学校受験勉強は就学前までに必要な力を身につけるのに最適! 親子でいろんな経験をしよう!

甘やかせ過ぎ!未就学児でも自分のことは自分で! 

厳しいようですが、タイトル通りです。

 小学校受験をされない方も必見です! 

 小学校受験の塾に通わせてから、自分がどれだけ子どもを甘やかせていたのかがわかりました。 

まず、着替え。

 ヒロは、幼稚園から帰ってきたら、制服を脱ぎ散らかしていました。

 そして私は、脱ぎ散らかした制服をハンガーに掛けていました。

 これが間違いだったのです。

 小学校受験の基本は、「自分のことは自分で」です。

 「幼稚園児だから、まだできない」ではないのです。

  「やらせていないから、できない」のです。

 確かに、やらせてみないうちから「まだできないだろう」と決めつけていました。

まずは、生活習慣を変えることから始めました。

 これは、小学校受験をするとかしないは関係ないのです。

 就学前までには、身の回りのことは自分でできるようにならないと、子どもが困ります。

 当時スイミングを習っていたのですが、教室が始まる前の子ども用の更衣室では、お母さんが子どもの服を脱がせ水着を着せていました。

 そして、教室が終わったら、靴下まで履かせている方もいらっしゃいました。

 急いでいたり、理由があるのかもしれませんが、あの状況は小学校受験対策をする前から、異様な光景だと思っていました。

 私はというと、どれだけ時間がかかっても、ヒロが着替え終わるまで手伝うことなく、じっと見ていました。 

周りから見たら、厳しい親に見えたのかもしれませんが、必要なことだったので貫きました。

 そして、次は幼稚園の用意。

 小学校受験と言えば、ドラマとかでも出てくる親子面接。

 ヒロが通っていた塾では、知力(筆記試験対策)、表現力(行動観察・面接対策)に分かれており、毎週面接の練習もありました。

 その時に聞かれた内容に

 「幼稚園の用意は誰がしていますか?」

 「幼稚園のかばんの中には何が入っていますか?」

 などの質問がありました。

 しっかりしているお子さんなら、自分で用意していなくても答えることが出来るとは思います。

 しかし、ヒロはそうではなかったので、必ず自分で用意をさせるようにしました。

 これをしておくと、受験対策でもあり、小学校に入学してからも時間割を合わせることが難なくできると思います。

 子どもは、少し難しいことに挑戦させることで成長するんですよね。

 この「少し難しい」というのがポイントです。

 手が届かないくらい難しいと、やる気をなくしてしまいますよね。

 大人だってそうですよね。

 少しだけ難しいことをするようにして、子どもを成長させてあげましょう。

 その他にもたくさんあるのですが、今日はここまで。  

私が出会ったすばらしいママたち (幼稚園・小学校受験シリーズ)

私が出会ったすばらしいママたち (幼稚園・小学校受験シリーズ)