ブログタイトル

ペーパー対策

小学校受験の問題を解けますか?次のうち仲間はずれはどれですか?

小学校受験で定番の仲間はずれの問題、みなさん解けますか? 次のうち仲間はずれはどれでしょう。 さつまいも じゃがいも だいこん にんじん いかがでしょうか? 答えは、じゃがいもです。 理由は、じゃがいもは茎を食べるけど、他は根を食べるから。 ペーパ…

「AよりBは多い」は小学校受験だけでなく就学前までに身につけておきたい数の概念

「大きい・小さい」が理解できているかは3歳検診(3歳半くらい)でもチェックされます。

前から〇番目、後ろから△番目の理解【小学校入学までに身につけておきたいこと】

息子が 小学校受験のための教室に通っていた時、教室の先生に 小学校受験を難しく考えないでください。小学校受験は、小学校入学までに身につけておいて欲しい力がついているかを確認する場です。5歳、6歳の子ができることばかりです と言われました。 小…

小学校入学までに最低限知っておきたい常識【仲間集め】

このブログは、小学校受験をする方のために何かのお役に立つことができたらな・・・という思いで書いています。 でも、小学校受験の問題って、就学前までに身につけておきたいことばかりなので、未就学児がいらっしゃる方には是非読んでいただけたらなと思っ…

模写する力って大切だけど、結構ないがしろにされる【小学校入学までに身につけておきたいこと】

小学校受験の問題集によくあるのが、図形の模写です。 これは、小学校に入ってからの運筆練習や図形学習の基礎となっていると言われています。

数列の問題に悩む息子。そうなることは4年前からわかっていた?【就学までに身につけておきたいこと】

息子が小学校4年生の頃、ある問題につまずいていました。それは、算数の「数列」です。 数列の問題 あるきまりに従って、下のように数を並べました。 3,9,15,21,27、33・・・・ これについて、次の問いに答えなさい。 (1)初めから数えて1…

小学校入学までに身につけておきたい常識って何?【生き物の知識】

小学校受験では常識の問題も出題されます。 check! ・植物や生き物の知識 ・科学的な知識 ・季節・行事についての知識 ・公衆道徳についての知識 いつも書いていますが、この常識問題は、小学校受験だけでなく小学校入学までに身につけておきたいですよね。 …

数を数えるのだって5歳の子どもには大変なこと2【小学校入学までに身につけておきたいこと】

小学校受験の問題って、特殊な勉強をしてそうですが、そうでもないんですよね。 うちの息子の学校は、田舎の学校なので、倍率も高くないですし、何年もかけて準備をしなくてはいけないわけではありません。 うちの息子の学校はの入試では、「就学までに身に…

数を数えるのだって5歳の子どもには大変なこと【小学校入学までに身につけておきたいこと】

今日は、数のお話です。 息子が小学校受験をした時につまずいたのが、「数」です。 スピードが遅い、数え忘れが多い。

小学校受験の勉強は、中学校受験にも役に立つ?【空間認識能力を伸ばそう】

小学校受験では、積み木を使った問題がよく出題されます。ペーパーでは、「積み木の数を数えなさい」、口頭試問だったら、先生の目の前でお手本通りに積み木を積んだり。

図形問題を苦手にしないためにもパズルをしよう【就学までに身につけておきたいこと】

小学校受験では、数、図形、言葉の領域は、将来的に算数、国語につながっていくので、入試問題の中心になってきます。 算数につながる数・図形については、数重視しか、図形重視かは、学校によって様々です。 息子が受験した学校は、どちらも出題されていま…

就学までに獲得しておきたい語彙は、どうやって身に付ける?

このブログでは、小学校受験で経験したことを綴っていますが、小学校受験ってとても特殊な勉強をしているイメージがあるかもしれませんが、そうでもないんですよね。 基本的には、「就学までに身につけておいて欲しいこと」なんです。

小学校低学年でも中学入試問題を解けるのか?【立体図形攻略】

小学校受験で定番の積み木の問題。 就学前に立体図形に触れておくと算数の立体図形の問題が出たときに、苦手意識がすくなるかもしれませんね。

立体図形と数の複合問題に挑戦【小学校受験】

立体図形の問題の中には、積み木の数を数える問題があります。積み木の数を数えるのも、見えない部分を数え忘れないようにしないといけません。苦手であれば、実際に積み木を積んで確認することは大切です。今回は、積み木と数の複合問題を紹介します。

重さを理解するのは子どもにとっては大変なんです【シーソー問題はこうやって解けるよ】

小学校受験の問題は、特に難しいものではなく、就学前までに身につけておきたい内容ばかりです。今回は、重さの問題(シーソー)を紹介します。 問題1 重さは大きさと違って子どもには理解しにくい 問題2 問題3 おすすめ教材 問題1 ここにあるシーソーで…

小学校受験のシーソーの問題はこうやって解こう【お受験対策】

小学校受験の定番とも言えるシーソーの問題。 以前は、シーソー問題の基本の問題についての記事を書きました。⇒小学校受験のシーソーの問題はこうやって解こう【お受験対策】 今回はこんな問題 問題1 重さ比べをしています。 2番目に軽いものを見つけましょ…

小学校受験で出題されるお話の記憶にチャレンジ(問題文2000字超)

小学校受験の問題の中に「お話の記憶」というものがあります。 物語を聞いて、記憶し、問題を解く。 得意なお子さんは、本当に得意で、「なんでそんなに覚えられるの?」ってくらい物語を記憶しています。 うちの息子は、どちらかというと苦手で、全問正解は…

点描写(点つなぎ)は運筆の力を養えるから就学前にやっておくといいね

息子の小学校の入試問題で必ず最後に出題されていると言われているのが、点結び(点描写)です。この点描写は、小学校受験の問題に出題されるだけでなく、文字を書くときに重要な力を身につけることができます。 どうも字がふにゃふにゃしてるな 字が上手に…

季節の問題が苦手な子は体験させてあげる【小学校受験】

小学校受験の問題の中でも定着しにくいのが季節の問題。 私の周りのお母さんたちの悩んでいました。

重ね図形の教え方・解き方のポイント【小学校受験】

小学校受験の問題には図形の問題が出題されることが多いです。回転図形、重ね図形、パズルなど様々です。今回は、重ね図形の問題例と解き方のポイントを紹介します。

小学校受験で理科的常識が出題される学校側の思いとは?

小学校受験・お受験というと、「小さい頃から勉強させるなんて」「小さいうちは遊ばせたらいい」なんて、あまり良いイメージはないかもしれませんね。 でも、小学校受験の問題って、就学前までに身につけておいたほうが良いことばかりなんです。

回転図形の教え方・解き方のポイントは目印【小学校受験】

小学校受験でもよく出題される回転図形とは、ある図形(絵)が左や右に回転した時に、図形(絵)の向きがどのようになるかを考える問題です。例えば、このような問題。

【言葉の音の数】「きゅうり」は3音?4音??【小学校受験】

小学校受験の問題の中に「ことば」の分野があります。しかし、小学校受験では文字を書かせることはありません。ではどのような問題が出題されるのでしょうか。今回は、「言葉の音の数」の問題を紹介していきます。

小学校受験の数の問題は、四則演算の基礎だから、やっておいて損はない

小学校受験では、「3-2=1」のような計算問題は出題されません。 では、どのような問題が出題されるのでしょう。 ズバリ!!小学校で学習する四則演算の基礎が出題されます。といっても、未就学児でも解ける問題ばかりです。

水の中におもりを入れるとどうなる?お受験は楽しみながら勉強すると身につく

小学校受験と言うと、「うちはお受験なんてしないから関係ないわ」と思われる方も多いと思います。 でも、小学校受験の問題って、国立・私立小学校側が「これくらいの知識は身につけておいてほしいな」と考え、出題されています。 つまり、就学までに身につ…

「土の中で大きくなる野菜はどれ?」と聞かれて答えられますか?【小学校受験問題】

小学校受験の問題には「常識」という分野の出題もされます。 常識は「社会的常識」「理科的常識」に分けられています。 社会的常識としては、 ①季節・行事 ②公衆道徳 ③集団生活のルールなどが挙げられます。

小学校受験合格のカギは、運筆の練習にあり【重ね図形】

小学校受験では、基本的に文字を「読めない」「書けない」が前提なので、図形を用いて子どもたちの力を見ます。 以前も取り上げた重ね図形ですが、今回は少し難しい問題を。

「しりとり」は語彙を増やすにも、親子のコミュニケーションにも最適【小学校受験】

誰もがやったことがある「しりとり」。小学校受験でも出題されます。簡単だと思われるかもしれませんが、これが結構難しかったりするんです。いきなりペーパーを解いても難しいので、実際に一緒にしりとりを楽しむといいですね。

小学校受験の社会的常識は就学前に知っておくべきこと

息子が通っている小学校の入試は、ペーパー(筆記試験)、行動観察、親子面接、そして、口頭試問があります。 口頭試問では、先生の目の前でパズル、積み木、工作などの問題を解きます。 先生に見られているのは緊張しますよね。 この口頭試問は、ペーパーの…

【位置の問題】上から3段目、右から2番目はどこ?【小学校受験】

小学校受験での位置の問題は、方眼(マス目)の位置(場所)を理解しているかどうかをみる問題です。 ペーパーだけでなく口頭試問で出題されることもあるでしょう。 この問題、息子はかなり苦戦しました。