ブログタイトル

お話の記憶が苦手な子が得意になるために親ができる3つのこと【小学校受験】

私の息子の場合、 小学校受験の勉強をゼロから始めたのである段階までは成績が伸びました。 でも、伸び悩んだのが「お話の記憶」。 どの問題を解いても、数問間違っていました。 その時に、塾の先生にアドバイスをしていただいたことを紹介しようと思います。

小学校受験の勉強を始めて3ヶ月で受けた実力テストは20位入り

年中の7月に受けたテストが以下です。(実際のテストとは別の問題に作り変えています)

季節の問題を苦手から得意にする、たった1つの方法【小学校受験】

小学校受験をするにあたって、大切なのは「学校側の出題の意図と知ること」です。 今回は理科的常識の中でも「季節」を取り上げたいと思っています。小学校受験では、「行事の絵を見て季節を答える」、「花を見て季節を答える」といった問題が出題されること…

私立小学校は授業料が高い分、面倒見がいいのか?

夏休みに同じ幼稚園に通っていたお友達と遊びました。公立、国立、私立小学校に通う5年生が3人。それぞれの家も遠いので、夏休みにしか会えないのですが、会うと幼稚園の頃のように無邪気に遊ぶ姿がとても楽しそうで、いつまで遊ぶのかはわからないのですが…

折り紙を4つ折りして自由に切って開くだけで線対称の概念が身につく?【小学校受験】

このブログでも対称図形の問題についてを取り上げました。 小学校受験の対称図形(折り紙図形)の概念は、小学校受験だけでなく、小学校高学年、中学になっても大切になってきます。 小学校受験の問題ではこのような問題が出題されます。

積み木の問題は、空間認識の力を養うのに必要だから、遊びながら身に付けよう【小学校受験】

小学校受験の問題でよく見かけるのが、積み木の問題です。 この積み木の問題は、空間認識の力が必要となってきます。 この空間認識って、大人になっても、生活の中で必要となる場面があります。車の運転なんかがそうですよね。